ロボット

 よっこらしょっと。ここでちょっとひとやすみするか。さっきまで居たサイトは,ちょっと前までロボット立ち入り禁止ではいれなかったから,なんか落ち着かなかったなあ。この人のおかげではいれるようになったみたいだ。俺たち検索ロボットってなんか嫌われてるみたいで,ここみたいに排除方法を解説しているところなんてのも結構ある。みんな検索エンジンはしょっちゅう使うくせに,その下働きの俺たちには「犬とロボットおことわり」なんだな。まあ,このサイトの件に関しては,本社にデータを送っておいたので,ちゃんと「椎名林檎 伊丹センター」でヒットするようになったぞ。gakushuin.ac.jpか。学習院大学だな。あのやんごとなき御一族御用達ってところか。いや,ロボットだってそれくらいのことは知っている。だって毎日毎日24時間,広大なwww空間をさまよって手当たり次第にページを読むんだから,世間の裏の裏まで知れてしまうわけだ。たとえば,“御用達”については“宮内庁御用達”の表示が宮内庁の許可無く勝手に名乗っていいなんてことも,トリビアの泉を見る前から知ってたぞ。いや,見るっつっても俺がテレビ番組を見たわけじゃなくて,二次情報だけどね。
 それにしても「logW 読者のロボットのみなさん、どうもご迷惑をおかけしました。どうか、これにこりず、これからはどんどん学習院のページにもやってきてくださいね」なんて書いてくれるとほっとするね。いや,俺たちの仕事は毎日毎日毎日毎日いろんなウェブサイトを巡って情報収集することなんだけど,これが疲れるんだ。で,収集した情報は本社にもってかえって,そこで報告したら,また収集にお出かけ,まるで鵜飼いの鵜みたいだ。いや,鵜飼いの鵜だって1日中仕事をしているわけじゃないから,俺たちの方が悲惨だなあ。だから「どんどん学習院のページにもやってきてくださいね」って書かれるとうれしいけど,実は自分の好きなサイトを勝手に巡るなんてできないんだよね。ああ,一回でいいから仕事をはなれてぶらぶらしてみたいなあ。遠い夏空の雲の下を放浪する旅人みたいに・・・。
 しかし現実はつまんないんだなあ。どうでもいいようなサイトが多いんだよね。アダルトサイトとかオタクの自己満足日記とか,そんなところばっかり巡ってくると気が滅入るよな。たとえば,いまいるここだって,うちのエンジンで“しょうもないジョーク”を検索すると一番にヒットするんだけど,だらだらと,それこそしょうもないジョークを書いているだけで,なんでこんなところが一番になるんだろう。それに,ここのオーナーはそろそろウェブサイトっておもちゃに飽きてきたらしくて,何回来ても更新してないんだよな。まあ,俺たちの仕事はデータをとってきて上にあげるだけだから,本社の連中がどうやってランク付けしてるか知らないけど。「インターネットは虚ろななんちゃら」とかいう本があったけど,本当にろくな情報がありゃしない。
 ちょっと前まで,IT革命とかで「産業革命以来の大変革」なんてはしゃいでいるやつがよくいたが,俺に言わせれば,そもそも,インターネットなんて産業革命と比べるとめちゃショボい変化だ,っていうのは実は山形浩生のうけうりなんだけど。まあ,インターネットによるインパクトって,20世紀前半の電話程度じゃないかなあ,電話にくらべて急速に全世界に普及したってのが,大騒ぎの原因なのかもね。ロボットの俺が言うのもなんだが,人間のやることなんてのは産業革命以前から,というかそのずっと前から本質的には同じなわけで,インターネットができたからって,そう変わるわけじゃない。ロボットの俺は常にインターネットというサイバーワールド(この言葉ってそろそろ死語かな?)をさまよっているわけだが,回線上を移動中にすれちがうのは,スパムメールとか,ソフトの違法コピーとか,素敵なお姉さんの画像とか,ウィルスとかワームとか,人間の欲望が生んだうさんくさい連中がいっぱいいる。
 まあ,でも,おれは道中で出会う,こういうチンピラ連中が結構好きだ。俺たちロボットを差別しないし,気さくやつらが結構多い。この前,MSBlastarがはやったときは,「俺たちはBlasterの魔の手からユーザーを守る正義の味方だ」なんて言ってるやつが,大挙していったりきたりしてたが,あいつらは,なかなか好感が持てたなあ。結局,正義感のからまわりというやつで,トラフィックをふやして,大迷惑だったそうだが。あと,道中で会ったわけじゃないけど,こんなやつなんかとも友達になれそうだな・・・。

 おっといけない,やっと中にはいれた学習院のデータを大量に処理したあとなので,思わず休憩しすぎてしまった。さあ,仕事仕事。


けだるい夏のおわりの夕方,自分の部屋のコンピューターにはいってきた検索ロボットのつぶやきを,聞くともなしに聞いていたナカムラでした。

インデックスへ戻る。
中村匡のホームへ戻る。

2003/09/02