研究集会「プラズマ乱流の諸相」プログラム

10:30-14:30 招待講演

  • 環状プラズマにおけるアルフベン固有モードと 高エネルギー粒子の相互作用に関するシミュレーション
     藤堂 泰(核融合研究所)
  • 太陽風中での運動論乱流の観測・シミュレーション研究の現状
     齊藤慎司(名古屋大学STE研究所)

15:00-17:30 一般講演

  • 対称性の破れが乱流に与える影響の実験
     永岡賢一、吉村信次、寺坂健一郎、日高芳樹、三浦英昭、常田佐久、久保雅仁、石川遼子、政田洋平、横井喜充
  • 宇宙プラズマ中での波動粒子相互作用直接計測手法の実験室プラズマへの応用
     加藤雄人(東北大院・理)、金子俊郎、文贊鎬(東北大院・工)、平原聖文、下山学、小木曽舜(名大STE研)、渡邉智彦(核融合研)、小嶋浩嗣(京大RISH)
  • 電子サイクロトロン共鳴プラズマ中に発生する間欠的浮遊電位スパイク
     吉村信次(核融合研),寺坂健一郎(九大総理工),田中瑛貴(九大総理工),荒巻光利(名大院工),田中雅慶(九大総理工)
  • 3Dトーラスプラズマで観測される高速イオン駆動巨視的不安定性の非線形発展
     東井和夫(核融合研)
  • 加速膨張する太陽風におけるアルヴェン乱流の変調不安定性
     成行泰裕(富山大)
  • 電磁場の解析力学と流体方程式への応用可能性
     中村匡(福井県立大学)

(招待講演は一時間,一般講演は20〜30分程度を予定していますが,議論の進展によってフレキシブルに対応しようと考えてます。)


Last-modified: Tue, 04 Feb 2014 20:01:21 JST (2310d)