極端大仏率とは?
 ナカムラは1998年から福井に住んでいる。福井県というのは「日本一住み良い県」という調査がある一方,鳥取・佐賀などとともに,もっとも知名度の低い県であるという報告もある。(福島県と混同してる人,いませんか? 実はナカムラも過去においてそうであった。)そして,まあ,どの県にでもあるが,福井県が日本一というものも結構ある。たとえば福井県鯖江市で作っているめがねのフレームは世界 -- 日本だけじゃなくて世界ですよ -- のシェアが70%くらいあるそうである。あなたのめがねも鯖江でできているのでは?

 で,ナカムラは福井に来て,もうひとつの,あまり認識されていない日本一に気がついた。大仏率である。実は,福井県には大仏が二つある。越前大仏をご存じの人は多いと思うが,もうひとつ,市内に福井大仏というのがあって,こっちの方が古い。大仏がふたつある県なんて,そんなにないでしょ? さらに福井の人口は80万人程度なので県民一人あたりの大仏率にすると,極端におおきい,多分日本一だろう。100万人あたりの大仏率(dpm:daibutsu per million)で表すと2.25dpmにもなる。多分2dpmを越えるのは福井だけじゃないのだろうか? 日本で一番ということは,世界でも一番じゃないか,とも思うのだが,ひょっとしてタイあたりに20dpmとかいう,とんでもないところがあっても不思議ではないので,とりあえず,日本一ということで満足しておこう(注)。

 というのが「極端大仏率」の意味ですが,とくにページの内容とは関係ないです。単に「雑文コーナー」とかいう味気ないタイトルよりは人目をひくと思っただけ。(「中村匡の禁断の楽園」というのも考えたんだけど・・・。) ということで,このページは,ナカムラが書いた雑文をのせています。「おまえのウェブサイトはおもろくない」というご批判を複数の友人からいただいたので,こういうページをつくればちょっとはましになるかな,と思いました。別のところで書いたものを流用しているのもありますが,原則として手を入れずにのせていますので,ちょっとウェブサイトとは整合性のとれないところもあります。原典重視ということでそのままにしておきました(実は単にめんどくさいだけ)。

(注)2000年1月13日付記: 実はここ記述は大ウソであることが判明した。このページを参照。

インデックスへ戻る。
次の文章へ。
中村匡のホームへ戻る。

2001/01/09