テンソル,地ソル,人も反る

 ナカムラは今年度から「宇宙科学」という授業をやっているのだが,そろそろ始めてから1月以上たつので,アンケートというか顧客満足度調査というか,とにかく授業の感想などを受講生のみなさんに書いて提出してもらった。そのとき,授業の中で話して欲しい話題も書いてくれ,と言ったらいろいろと書いてくれた。宇宙話の定番の「宇宙の始まり」「宇宙の果て」関係と「ブラックホール」は結構多かった。ナカムラが宇宙科学研究所出身というのを知ってか「宇宙開発の裏話をききたい」なんてのもあったが,「いや,宇宙研の*●×◎助教授は実は×○◇*で,本当は△&■×。」なんて話は、ああっ,危なくてとてもできない(←その手の“裏話”じゃないって)。
 で,やっぱりあったのは「ニビル星について」。え,ニビル星ってなに,っていう人はサーチエンジンで“ニビル星 スカラー波”を探すとわんさかひっかかります。実はアンケートをとるときに「これから授業でとりあげてほしい宇宙関連の話題を書いてください。ブラックホールとか,ビッグバンとか」と,言ったあとに「ニビル星とか」とボケをかまそうという誘惑に一瞬まどわされたナカムラであったが,思いっきりはずしそうなので,やめておいたのである。長年の登山家としての経験から,ナカムラは引き返す勇気の大切さを知っているのだ。

 で,今回の話題は,ニビル星と並び称される(?)スカラー波についてだが,こういう話題をすると、割と定番としてでてくるコメントは「この科学の発達した21世紀にもなって、いまだにそういう迷信を信じるやつはどうかしている」というものだ。しかしナカムラは思うのだが、科学が発達しているいま こ そ こういう迷信を信じやすい環境なんではないだろうか?

 ちょっと考えてみよう。みなさんが,“科学的知識"として知っているものの中で,自分の体験に基づいたものってどれくらいあるだろうか? なさけないことにナカムラは,自分のメシの種の宇宙科学でもせいぜい「地球が丸い」止まりである。高い山に登ると遠くが見えるし,越前海岸に立っても北朝鮮は見えない,ということは地球が丸い傍証で,まあ,これも疑えば疑えないこともないが,自分の経験に基づいているとは言えるだろう。
 その次の「地球が太陽のまわりを回っている」になると,惑星の軌道がどうたらしてコペルニクスがなんたらかんたら,というのを知識としては知っていても,実際に惑星を観測して確かめたことはないし,そもそも金星以外は見付け方すら知らない(*)。太陽が核融合で燃えているのも,宇宙がビッグバンからはじまったのも,ブラックホールに毛が3本なのも,みんな本で読んで知識として知っているだけだ。いや,宇宙に限らず,たとえば,コンピューターが半導体を利用して情報処理をするのも,冬が寒いのはシベリア寒気団のせいなのも,アメリカまでの国際電話が海底ケーブルを使っているのも,自分で確かめたことはない。
 そういう具合に本で読んだ知識を“科学的”と信じる現代人が,たまたま読んだ本に「スカラー波が人体に影響する」と書いてあるのを見て信じてしまうのはきわめて自然なのではなかろうか?

* 以前,ナカムラが宇宙科学研究所に勤めながらも,オリオン座とカシオペアと北斗七星しか星座(北斗七星って星座?)を知らない,というのを聞いて白鳥座の見付け方を友人が教えてくれたが,忘れてしまった・・・。

 それに加えて,現代の科学・技術というやつは,かなりヤバいところまでイッちゃっているという状況もある。20世紀初等までの科学・技術と言うのは,いわば“人間的”で,人間の五感からそれほどはなれてはいなかった。惑星の運行と言っても巨大な岩の塊を想像することでなんとなくわかったし,ワットの蒸気機関やエジソンの電話器なども,目でみれて手でふれればだいたいの働きは理解できた。
 しかし現代はどうだろうか? 物理学者は,すべての物質は26次元だか11次元だかの紐だか膜だかでできていて(*),宇宙の始まりは虚数時間だったなどという到底理解不能なマントラをとなえてるし,テクノロジーの方も,シリコンチップの配線はナノメーターとかいう想像だにできないスケールの話をどうたらこうたら言っている。これは過去に人類が想像したいかなる迷信よりも「イッちゃって」いるのだ。たとえば,いま,ナカムラがこの文章を書いているコンピューターを藤原鎌足(**)に見せて,「これは髪の毛の1万分の1の太さの配線がなかで情報処理をしている」というのと「実は中には魔法の使えるこびとさんが入っていて,一生懸命文字をかいているだ」というのでは,文句無く後者を信じるであろう。

* 余談だが,素粒子理論もこのへんまでくると,もう向こうの世界にいっちゃってて,実験検証など,はなから無理なそうである。理論の評価は「美しさ」らしい。でも,そうだとすると11次元の理論って美しいんだろうか? ナカムラの形而下的な頭には,力が統一された11次元の理論より,重力は空間計量として別扱いの4次元の理論の方が美しいような気がするが・・・。
** いま気が付いたのだが,こういう誰でもいいから昔のひとの名前をあげるとき,ナカムラはいつも藤原鎌足を使う気がする。これは輪唱の名曲“フジワラノカマタリ”(←そんなもん,だれも知らんぞ)の影響かと思われるが,歴史教養の貧困さがかいま見えると言えよう。

 つまり,われわれは子どものころから,「これが科学だ」と言われて,どんな神話よりも荒唐無稽な話を信じさせられているわけだ。しかもそのほとんどは自分では確かめようもない,非日常的な話である。そのような教育をうけてきた者にとっては,信頼できそうな筋から「これは科学だ」と言って,もうひとつの荒唐無稽な話を提示されれば素直に信じてしまう。その“信頼できそうな筋”というのは,たとえば家族であったり,尊敬する人物であったり,あるいはたまたま行った洗脳セミナーであったりするわけだ。
 「そんなことはない。ちゃんと清く正しい科学を清く正しく教育されていれば,なにが正しくて何がまちがいか判断できるはずだ」と思っているあなた,それはちょっと楽観的すぎると思いませんか? たとえば,はじめにでてきたスカラー波だって,「逆位相の定在波がどうのこうので磁場がなんたらかんたら」という説明がデタラメだとわかるのは,かなり数物系に強い少数の数理オタクのみであろう。また,その数理オタクのアイドル(?)である理論物理学者の田崎氏だって,ここで音波のことをスカラー波だと書いているが,実は実際の音波の圧力テンソルを精密に測定すると,線形の範囲でも非対角成分が無視できない大きさで存在するというのは,音響工学の分野ではよく知られた事実である。つまり,音波は実はテンソル波なわけだ。こういう業界に縁遠い人は,熱・統計力学の専門家ならそんなこと知ってて当然と思うかもしれないが,実際は現代科学・工学の知識は膨大で,田崎氏といえども,とてもじゃないがこんな些細なことまで全て知っちゃあおれんのである。

 --- すみません。また嘘を申しておりました。田崎さん,ごめんなさい。上に書いた「非対角成分うんぬん」は,今ナカムラがでっちあげました。でも,信じたでしょう,物理学者のみなさん? そして,かなり多くの物理学者がこれを信じるということが,「科学的知識」というものに,科学的訓練を受けた者でもだまされるという傍証であろう (みんな信じたよね? ちょっと不安)。ちなみに物理用語(*)を解説しておくと,テンソルというのはベクトルの親玉みたいなもので,ベクトルというのはスカラーの親玉みたいなものだ(わかってます,何の説明にもなっていないのは・・・)。
 まあ,それはともかく,この状況は物理学に限ったわけでは全くない。われわれはつい最近まで,日本の原人について「神の手」にだまされていたし,いまだにマイナスイオン製品にだまされて買う人があとをたたない(**)し,そういうナカムラだって「ビタミンCは風邪にきく」というのが,本当なのかライナス・ポーリングのトンデモ説なのか,いまだにわからない (だれか教えて)。さらに,このビタミンCの場合は自覚症状があるからいいが,無自覚にナカムラが信じているトンデモ説もきっとあるに違いない。

* ところで“スカラー波”が話題になってから,「本当の電磁波はベクトル波で・・・」とかいうのをよくみかけるが,相対論的に言うと(やっぱ電磁気学は相対論だろう),電磁場ってテンソルじゃないのかなあ,なんてことを言うとあげあしとり?
** 「スカラー波なんて非科学的な事よく信じるよ」なんて言っている人の家に,マイナスイオン・エアコンなんかあったりするんだろうな。

 えー,それじゃあなにを信じればいいの?というあなた,そもそも何かを信じようという態度がよろしくない,すべては疑ってかかるべきである --- なんて書くといかにも教養人っぽくてナイスだが,実際問題としてナカムラごときに「何を信じるか」なんて深遠な答えを期待するのがよろしくない。「すべてを疑え」などと言っても,上に書いたように11次元物理とかナノテクとかは個人で確かめようがないし,専門家に訊けとかいっても,身近に信頼できる専門家がそうそうころがっているわけでもないので,せいぜい用心して生きていくように,くらいしか言えない。
 まあ,世の中,科学的迷信が深刻な状況になる場面はそう多くないだろう。もし,ビタミン説を信じて風邪をひいたときにミカンを食べまくっても手が黄色になるくらいしか害はないし,マイナスイオン・エアコンを買ったって,それほど大損するわけじゃない。これが「スカラー波にやられるから,白い布で覆った車でキャラバンをせねば」とかいう具合に生活に深刻な影響がでそうになってきたときに,用心して考えればいいのであろう。世の中の大多数のひとの人生にとって,正しい科学知識よりも重要で時間をさくべきことがらは,いくらでもあるのだ。

インデックスへ戻る。
次の文章へ。
中村匡のホームへ戻る。

2003/05/20