Mar 23, 2005

Can't fool all the people all the time.

いかにもっていう感じなのだが,ナカムラはボブ・マーレイのファンである。中野サンプラザで,生のボブ・マーレイのコールに「わよーよーよー」とレスポンスした経験があるのが自慢だ。うらやましいだろう,若者たち(わからん人にはまったくわからん話ですみません)。

さて,その「わよーよーよー」のコール&レスポンスのある名曲「Get up, Stand up」の歌詞の中に

You can fool some people sometime,
But can't fool all the people all the time.

という一節がある (他でも見た気がするので,英語の決まり文句なのかもしれない)。これは反逆の歌で,エスタブリッシュメントにはダマされないぞ!という意味だが,最近,ナカムラはまたひとつ大企業の欺瞞をみつけてしまった。天網恢々粗にして漏らさず,死して屍拾うものなし(?)いつまでも大衆を欺き続けることはできない。

その欺瞞とはカップ麺のフタである。元祖カップヌードルの昔から,カップ麺は湯を注いだらフタをして3分(あるいはもうちょっと長く)待てと指示されて来た。ナカムラも幼少のミギリより,これを墨守してきたのだが,結構これって面倒臭くないですか? 発泡スチロール製の容器からフタの3分の1くらいを剥がし,湯を注いだ後にフタを閉じるわけだが,一度剥がすとフタは反ってしまって,閉じておくにはなにかを乗せとかなくてはならない。割り箸だと軽すぎて安定しないし,時計とかUSBメモリとかだと熱でやられないか心配だ。(鍵束なんか結構いいですね。) 元祖カップヌードルはここを閉じるためのシールがついていたりするが,剥がすのがまどろっこしかったりして結構面倒。
  で,今年に入ってナカムラはふと気が付いてフタを全部取り払って湯を注ぎ,そのままにして3分後に食べてみた。なんてこったい,まったく問題ない! いままでの長い人生のなかで,カップ麺のフタを閉じるために費やしてきたあの果てしない努力はなんだったんだ!

考えてみるに,湯を注いだあとにフタをする効果はなんなんだろう? 思いつくのは湯気が蒸発するために熱が失われてしまうということだろう。いや実はナカムラも今まで盲信的にこう思っていたが,科学者たるもの,ちゃんと量的に評価しなければならない,というので,いったいどれくらいの熱量がうばわれるのか計算してみた。
  外気温が20℃の中に100℃の湯500ccがカップに入っているとする。この場合にフタがない口から3分間に失われる熱量は(20℃から計った)全体の熱量の1.3パーセントでしかない。…うそです。そんな計算はナカムラには難しくてできません。だって気化熱とか知らないとできないよね。でも実験してみると,フタをあけて3分してもあんまり温度さがらないっぽい感じですよ。(←科学者の量的評価。宇宙地球科学ならこんなもんすね。)

で,熱量がそれほど失われないのなら,ほかにはあまりフタが必要な理由は考えつかない。ホコリがはいるとか? 説得力ないなあ。ということで,声を大にしてこの大企業の欺瞞を糾弾しよう。

湯を注いだら,フタは捨てろ!
Now you see the light, stand up for your right!

Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.