Jan 23, 2005

つくば冬の学校

先週は筑波大学であった「冬の学校」なるものに参加していました。その感想を:
高安氏の経済物理の話。

古典的な数理経済学の連想から、なんとなくうさん臭いイメージをもっていたが、聴いて見ると非常にしっかりした面白い話だった。
  とくに,株式市場の変動メカニズムを膨大なデータから分析するというのが面白かったが,こういうのって、心理学的価値はないのだろうか? 社会心理学の実験で、学生のバイトなんかを使って簡単なゲームをさせて意思決定のメカニズムをみるというのがあるが、集められる人間はせいぜい数十人だし、ゲームそのものも現実ばなれしていて、プレーヤーがまじめにやっているという保証はない。ところが、株式市場の場合、世界中の何万人というディーラーたちのガチンコで取り引きしている状況が株価というデータを経由して、ほぼリアルタイムで手に入るわけだ。
  もちろん、実験と違って条件のコントロールができないし、得られるデータの性質も限定的なものだが、地球物理における実験と観測のように、相補的な研究手段として使えるようになったら素敵。高安氏の話で、 Yule-Walker のフィルタを使って移動平均を最適化して、「ディーラーは数分前のデータしか気にしてない」という結論を導いていたが、これなんか結構心理学っぽい気がしません?

  ただ,経済の話となると,純粋に学問的面白さというだけでは世間は許してくれないだろう。株式市場で大もうけとか,経済政策の意志決定とか,そういう実用的な話にどこまでもって行けるか(あるいはもって行く気があるのか)というのは,この講演ではわからなかった。

早川氏のSST批判炸裂!

SSTとは田崎氏佐々氏の提唱する「定常状態熱力学」のこと。早川氏がこれに批判的であるのは業界では有名な事実らしい。プログラムを見て期待していた話だったが,期待通りの内容であった。ナカムラは単純なので,去年名古屋で田崎氏のSSTの話を聞いたときは「おお,これからはSSTの時代だ!」などと思ったものだが,早川氏の話を聴くと「やっぱSSTってやばいんじゃない?」という気になってしまう。本当はどっちなのかナカムラにはよくわからんが,とにかくこういう議論によって非平衡熱力学の理解が深まるのはよいことだ。ナカムラもこの二人の話を聴いて,非平衡流というものがどういうものかちょっとわかった気がする(←お前がいままで不勉強だっただけじゃ!)。どこかの研究会で「ケンシロウ vs カイオウ」という企画がないのかな?

水滴の構造とか真珠の強度とか

お茶の水大学の奥村氏の話。とても面白かった。宇宙の果ての銀河の形成とか,素粒子の中のクオークとか,そういう「イっちゃってる」話じゃなくても十分に面白い物理があるといういい例だ。でも,こういうのって物理を知らない普通の人はどう思うのだろう? やっぱり「イっちゃってる」系の話の方が派手でうけるのかなあ。

ということで,とても勉強になった研究会でした。みなさん,ありがとうございました。
Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.