Jan 31, 2005

相対性理論はやはり間違っていた!

この記事には数式が含まれています。ここをクリックしても正しく表示されない場合はこちらをご覧ください。

いま,長さ L の水平な棒の両端を,両手で内側に同じ力で押している状況を考えよう。両手の力以外には棒に力は働いていないとする。等しい力で押しているので,棒は動かない。この両手をある時刻 t =t 0 で同時に離す。加わる力はゼロになるが,それが同時なので,やっぱり棒は静止したままだ。この事象を,相対速度 v で動いている系から見ててみよう。この系でみた時間は t ' とダッシュをつけて書く。この系では時間のローレンツ変換のために,手を離す時刻は右端と左端で違ってくる。右端と左端で手をはなす時刻をそれぞれ t R ' t L ' とすると, t L '<t R' なので, t L '<t'<t R' の間は右側の手からしか力は働かない。ということは,その間は棒は右向きに押されて加速されるはずである。ところが,前述のように棒が静止している系からみると静止したままだから加速はない。これは棒が剛体であるかどうかには関係ないことに注意。ふにゃふにゃに曲がっても押されれば運動量をもらうので,そのうち動き出す。

加速があるかないかは違う慣性系から見ても同じ結論になるはずなので,これは明らかな矛盾である。両手でもった棒などという簡単な問題でさえちゃんと記述できない相対性理論というのは矛盾だらけの理論であり,それをかたくなに認めようとしない日本の権威主義的な物理学者たちは思考停止のアインシュタイン狂信者としかいいようがない。君達もそろそろアインシュタインを盲信するのをやめて,この軍門に下って私の足の裏をなめたまえ。


ということで,なかには本気にする人もいるので,野暮は承知で書いておくと,もちろん「相対論は間違っている!」というのはネタです。上に書いた話は相対論をちゃんと理解していれば,正しくないのがわかります。で,どこがおかしいのでしょう,というのが今回の話題。このネタは昨日思いついたのだが,「相対論の正しい間違え方」なんかにも載っていないので,あまり知られてないパラドックスじゃないのかな? ナカムラが持っている答えは,ある程度物理に詳しくないと説明できないのですが,初等的というかブルーバックス的に賢く説明する方法を思いついたら教えてください。

ということでみなさんのコメントが欲しいのですが,以下の二点はタブーです。そういう書き込みがあれば即削除するぞ。

  • ネタバレ。「正解はこれだ!」というのをモロに書いてしまうこと。いきなりやられると,ほかの人が考える楽しみがなくなってしまう。もし,正解がわかったら,「まあ,このへんがヒントになるといえばなるかも」ってな感じで,分かる人にだけ分かるようなコメントをください。でも,あまり露骨なヒントはなし。いいアイデアがあった場合はナカムラにメールをください。あと,これと同じ話がここにのってますなんて情報も個人メールでお願いします。ひと月くらいあとに,正解(とナカムラが思っているもの)のページを別に作って,そこで紹介します。
  • 「やっぱり相対論はまちがっている!! このパラドックスも私の超絶対性理論なら簡単に説明できるのだ。」ってな感じの,気合入りまくりの書き込み。ナカムラはきわめて保守的なアインシュタイン盲信者なので,そういう話題は別のところでやってください。
Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.