Feb 14, 2005

文部科学省所管公益法人

おなじみ,あらき日記経由で「漢字の読めない小学生?」というページを見付けた。これ自体,非常に興味深い内容なのだが,そこからリンクをたどって所管公益法人一覧-文部科学省というページを見てみると,これがまた奥深い。たくさんありすぎて,まだ,ちょっとしか見てないのだが,たとえば,教科書課のところにある3団体の業務内容って,どこが違うのだろう? 住所も全部同じだし。ナカムラは社団法人と財団法人の違いもよくわからないド素人なので,考え違いかもしれないのだが,これってどう見ても天下りポストをつくるためだけの存在としか思えない。 でも,そうだとすると,こんなミエミエの運用形態をウェブサイトなんかで公にしていいのか? 少なくとも,文部科学省には,これだけ多くの法人が本当に必要であることを国民に説明する義務があろう。

Comments and Trackbacks

会長とかは教科書会社社長だったりしますが事務局長あたりが怪しいですね。

Posted by masui at 2005/02/15 (Tue) 21:35:24

事務局長

とか,高給をもらってる職員の履歴も公表してほしいですね。あと,収支報告とか見ると,なんか素人にはよくわからない財源。

Posted by 中村 at 2005/02/16 (Wed) 15:48:25
Comment入力
  • 匿名で結構です。
  • 管理人の独断でコメントを消すことがあります。
  • 改行は反映されます。htmlタグは書けません。
  • 数式入りのコメントを書く場合はここをクリックしてください
  • URL/E-Mailはそのまま公開されます。スパムの原因になるので気をつけてください。

system message: Ready to post a comment.













TrackBack ping me at
http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/mext.trackback?pisqooeetotqewwr