Jan 04, 2005

風邪ひいちゃった

  ナカムラは一昨日当たりから風邪ぎみで,昨日の午後は授業がなかったので,午後3時ごろ帰って4時ごろから今朝の8時ごろまで寝ていた。こういうときは大学教員って比較的時間が自由になるからいいですね。おかげで今日はかなり調子がよい。みなさんも気を付けてください。

  ところで,ナカムラの知識が正しければ,現代医学で風邪を治す方法は無く,いわゆる風邪薬は熱をさげたり鼻水をとめたりの症状をおさえるはたらきはあっても,風邪そのものを早く終らせることはない。つまり,風邪薬をのんでものまなくても,ひきはじめからひきおわりまでの時間は同じということだ。いや,下手に風邪薬をのむと,症状が楽になるものだから,無理に仕事などして,かえって治るのが遅くなる可能性だってある。だからナカムラは風邪をひいたらひたすら大量に寝て体力を温存し,自然治癒を待つ事にしている。風邪薬はのまない。

  毎年,いまのシーズンにテレビをつけると頻繁に風邪薬のCMをやっているが,注意してみると,「風邪を治します」とはっきり宣言しているやつはひとつもないはずだ。嘘偽の広告になるからである。しかし,以上のような事情を知らずにみると,薬をのめば風邪が治るような印象をあたえるCMが圧倒的に多い。
  これは,ある種の詐欺まがい商法ではなかろうか? 「風邪の治癒には効果がないが,治るまでの時間を楽に過ごすための薬です」ということを明言していないと,すくなくとも誠実な態度とは言えないような気がする。さらに,TVや雑誌などの健康特集でもあまりふれられることがないのは,製薬会社という大手スポンサーのドル箱商品にケチをつける根性がないからにちがいない,などと思ってしまうのは風邪をひいて寝ている間の邪推なのかなあ…。

Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.