Mar 19, 2005

BlueMountain

2月のある日の昼下がり、北陸のとある町のショッピングセンターの駐車場に一台の車が停まった。降りてきた男はちらっと空を見上げた。冬の北陸特有の鉛色の曇り空。ひとりの女の記憶が彼の脳裏にうかぶ。空が今にも泣き出しそう、こんな空を見ると彼女はよくそう言った。甘ったるいセンチメンタリズムだ。男は思った。空は泣いたりしない、地上で人が泣くだけだ。

建物の中に入った男は,とあるコーヒーショップに併設されている豆売り場に行くと、低い声で言った。 「ブルーマウンテンを200グラム」

さて、賢明な読者のみなさんは、このハードボイルドなクールガイが誰か、だいたい見当がついただろう。もちろん、わたくし、ナカムラタダスです。そう、なにを隠そう、ナカムラは畏れ多くももったいなくも、今後研究室でコーヒーを飲むときはブルーマウンテンを使うことにしたのだ。え、ブルーマウンテンってなに?という方、いかんなあ。それはジャマイカにあるブルーマウンテンという山の一帯で採れる高級コーヒー豆のことである。まあ車で言えばキャデラック、シャンパンならドン・ペリニョン、有名人なら叶姉妹に対応するゴージャス路線にあると言えばよかろうか。

高度経済成長期に育った日本人には多いと思うが、ナカムラには「ゴージャス」を実践するのに対してなんとなく「贅沢は敵です」みたいな罪悪感があり,しかも,ちょっとした贅沢をするとその罪悪感の裏返しで甘美な快感を覚えてしまう傾向があるのである。で,最近,ちょっと贅沢をしてみようと思ったわけであるが、それにはブルーマウンテンというのはすこぶるよろしい。だって、キャデラックを買おうと思ったら何百万円もするし、ドン・ペリニョンだって万円単位の金が必要だ。(叶姉妹は…パス。) しかし,ブルーマウンテンなら100グラム1300円とかで売っている。しかも,いくら高いといっても,自分で豆をひいて飲めば一杯あたりの値段にすれば数十円程度の値段になる。

思うに贅沢感というのは,普通の値段の何倍か,という単位で感じられるのではないだろうか? だとすると,キリマンジャロなどの普通のコーヒー豆は100グラム400円程度なので,ブルーマウンテンだと3倍の贅沢感が味わえる。これが車だと,もとが百万単位なので,3倍となるとちょっと手が出ない。でも,もし,車に乗る30分とコーヒーを飲む30分の間の快感が「3倍贅沢」というので同じだとすれば,ブルーマウンテン1300円というのはなんとお買い得のことか。つまり,ブルーマウンテンを買うというのは,贅沢感が×÷的計算なのに対し,財布の痛み具合は+−的計算であるという非線形性(?)を利用した高等戦略なのである。

…と完全に理論武装をしてブルーマウンテンを買いにでかけたのだが,店の前であまりの値段の高さにビビって,300グラム買おうと思ったところを200グラムにしてしまったのは,イマイチゴージャスじゃなかったかな…。でも,やっぱり美味しいです。

Comments and Trackbacks

同感!

中村さんと同じことを良く感じます。
高級フレンチはコースで3万円ですが、
高級ケーキは1ピース600円、
高級チョコは1個300円。
でもこの場合、グラム単価にすると微妙ですね。
ちなみにコーヒーはまずい豆をごまかすために考えられたといわれるフレンチローストが好きです。

Posted by 蝉丸 at 2005/03/11 (Fri) 10:41:36

まだ甘いのお

ブルマン(←こうやって略すと一気に貧相な感じに)を買ってもコーヒーをいれるときは水道水を使っておるとみた。
わしなどは、最近、研究室でコーヒーをいれるときは厳選した「南アルプス天然水」を使用しておるぞ。しかも、水のおいしさを極限まで醸造すべく、家にて長期保存し、去年の暮れに消費期限が過ぎている。値段以上に手間暇をかける真のゴージャスがここにある。
ところでゴージャス女性の例として藤原紀香でなくて叶姉妹にしたのは、紀香だと本気だと思われ兼ねないから「パス」のギャグが使えないし、かといって本当に叶姉妹を好きだと思われると困るし、と厳しいアベタワの末と理解しました。

Posted by たざき at 2005/03/11 (Fri) 11:50:17

っていうか

「ショッピングセンター」ってあたりがハードボイルドじゃないっす(^^;

あ,はじめましてです・・・

Posted by 竹内 at 2005/03/11 (Fri) 14:58:17

東京のホテルにて

最近は結構ネット環境が完備してるホテルありますね。

> ちなみにコーヒーはまずい豆をごまかすために考えられたといわれるフレンチローストが好きです。

あれ,そういう出どころなんですか。以前にありがたがってよく飲んでいたが。

> いれるときは水道水を使っておるとみた。

う。図星。しかもコーヒーメーカーでいれてる。ところで中村の感覚では「ベンツ・グレンフィディック・藤原紀香」とくる路線と「キャデラック・ドンペリ・叶姉妹」とくる路線で微妙な違いがあるのですが。

ちなみに,この前部屋にあそびにきた学生がレオパレスの部屋に住んでいるというので「ちゃんと藤原紀香がついていた?」とボケたら,そいつはレオパレスのCMを見てないらしく,キョトンとした顔をされて思いっきりはずしてしまった。Life is a bitch, sometimes...

> 「ショッピングセンター」ってあたりがハードボイルドじゃないっす(^^;

甘いな,タケウチ君。真のハードボイルドガイは,たとえロンパールームでピンポンパン体操をしていても(←歳がわかるなあ),ハードボイルドたり得るのだよ。あ,それはともかく,こちらこそはじめましてです。よろしくお願いします。

Posted by 中村 at 2005/03/13 (Sun) 11:01:28

贅沢感といえば

以前ナカムラ氏が主張しておられた、「対数感覚」の代表例ではないかと思うのですが。

桁があがって、やっとゴージャス感2倍というところではないかと。

Posted by at 2005/03/16 (Wed) 11:07:03

蝉丸さんと似た(?)意見ですが

車は200万でも300万でも凄くいい車ってわけに行かないし
着物や服は10万でもたいしたこと無いので
こういうとこは気張らず。

味噌、醤油、砂糖は数百円余計に出すだけで
良いのが買えるのでこういうとこをけちらない。
(売ってないときはしょうがないけど)

Posted by naka at 2005/03/16 (Wed) 23:42:01

コーヒーは別だ

ブルーマウンテンですが私はどうしても
「インスタントコーヒーみたい」に感じてしまいます。

日本人はブルーマウンテン好きな人が多いので
インスタントコーヒーの味もそのようにチューンしてある
と言うのを聞いたことがありますが本当なのかどうなのか。

近所のネルソンコーヒーと言う店で売ってるフレンチロースト
グラムわずか360円
これが世界一うまい
2番目はハワイのコナに行った時にホテルにあったハワイコナ
(そのまんまだが)これもうまかった
日本で買ったら値段が倍でパッションが半分だった、残念!

Posted by naka at 2005/03/16 (Wed) 23:49:47

ということは,

ゴージャス度というのは

  ゴージャス度 = log(ゴージャス値段/普通の値段)

で定義されるのか。なんか結構正しい気もしますね。ところで,naka氏のように本当に味のわかる人がコーヒーを楽しむのは「ゴージャス」とは別の楽しみですね。上の式をみるとわかるように「ゴージャス度」は真の価値にはよらない変数なのです。つまり「どれだけ金かけて贅沢したか」という感覚であって,「キャデラック・ドンペリ・叶姉妹」という路線がそれを象徴すると思うのですが。

Posted by 中村 at 2005/03/17 (Thu) 13:49:50

外車に乗れなくたって

この話題でまだ盛り上がっているようなのでコメントします。
ヨーロッパ車は、
ワイパーの位置やウインカーの音が違ったりしますよね。
ボーダフォンの702NK(スウェーデン製)は、
はじめて手にとったとき、
電話とかけ方が先ずわからないし、
呼び出し音は普通の携帯の話中の音みたいです。
この優れものが今なら3000円程度入手できます。
大人のおもちゃとして、おひとついかがですか?

フレンチロースとの件は聞いた話なので、
信憑性は....です。
カフェオレのためというほうがもっともらしいですね。

Posted by 蝉丸 at 2005/03/17 (Thu) 14:11:02
Comment入力
  • 匿名で結構です。
  • 管理人の独断でコメントを消すことがあります。
  • 改行は反映されます。htmlタグは書けません。
  • 数式入りのコメントを書く場合はここをクリックしてください
  • URL/E-Mailはそのまま公開されます。スパムの原因になるので気をつけてください。

system message: Ready to post a comment.













TrackBack ping me at
http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/bluemountain.trackback?puswwotiyoquipye