Dec 08, 2007

ホラーエンディング

たとえばチープなホラー映画で,ゾンビだとか悪霊だとかと死闘を繰り広げて,やっと全部退治して町に平和がもどりました,よかったよかった,というエンディングの一番最後で町外れの墓場の墓石がガタッと動いて,実はまだ全部退治しきれてなくて,次回作でまたやってくるぞ〜,というのを暗示する不気味なラストシーンってよくあるパターンだ。このページの最後の一文を読んで,そんなラストシーンを連想しません?

Nov 21, 2007

さばえライブラリーカフェ

おしらせ。鯖江市立図書館でサイエンスカフェみたいなのをやります。 さばえライブラリーカフェのページをご覧ください。以下は公報の紹介文。

極地の夜を彩るオーロラは,実は太陽と地球を結ぶ広大な宇宙空間での電磁気現象の結果であるというのをご存知でしたか? 宇宙空間物理の基礎から北欧やアラスカのオーロラ観光情報まで,宇宙とオーロラの楽しい話をしたいと思います。物理学や天文学の知識はいりません。

Nov 19, 2007

ゲッベルスの憂鬱

ということで,ゲッベルス氏の演説を聞いてください(flash,音が出るので注意)。これが見えない環境の人のために解説しておくと,悪名高いナチの国民啓蒙・宣伝大臣「Goebbels」をゲッペルスだと思っている日本人がとても多い(含む最近までのナカムラ)という話。いまgoogleで調べてみると「ゲッベルス」約49,600に対して「ゲッペルス」約37,500と異常に多い。なんでだろう。音韻学的(?)に間違えやすい理由があるのか,誰かが間違えたのが伝染したのか。

こういう単語って実は結構ありますよね。ミッシングリングとかエンゼルワシントンとか。キャスティングボードに至っては,間違ってる方が多いので,googleで正しい方を検索すると「もしかして」が出てくる。はい,上の三つの例のひとつでも間違って覚えていた人,正直に手をあげなさい。

で,これが外国語のカタカナ表記だけではなくて,漢字なんかでも間違えやすいパターンというのがあって,その例として良く見かけるのがこの字

を,こんな風に

間違えるやつ。中の「王」が「玉」になってる。え?そんな漢字,両方とも見たことないよ,という方,さもありなん。実はナカムラのフルネームは「中村匡」(ただす,と読みます。おぼえてね。)で,ナカムラ宛の郵便物などでよく間違えてこう書かれているのである。正しく書く人より,間違える人の方が多いのはキャスティングボードみたいだ。上で「その例として良く見かける」というのは,「その例として」というのは世間一般向けで「良く見かける」というのはナカムラ個人の体験でした。自分のまわりの狭い経験をあまりに一般化するのはよろしくない,というのが今日の教訓です。ちゃんちゃん。

……なんてことはぜんぜんなくて,問題はこの下の方の文字。「匤」と書くのですが,環境によっては文字化けするかもしれないので,上の大きい文字では画像ファイルにしてあります。以下,文字化けしていたら,上のやつの下の方(中が「玉」の字)だと思ってください。

実は,ナカムラは「匡」という名前が結構好きで,親には感謝している。姓が平凡な中村なので,名前が「正」だったりしたら,全国に2万5千人(根拠レス)くらいいたりして,うっとうしいことこの上ないし(全国の「中村正」さん,ごめんなさい),「ただす」という語感もラブリーで女の子に人気がある(といいな)。

しかし,コンピューター時代になるとこれは迷惑な名前らしく,ワープロが出始めのころには「『ただす』ってどうやって入力するの?」とよくきかれた。最近のコンピューターは賢くなったので「ただす」と入力するとたいがい出てくるが,携帯電話やPDAなどではまだ入力困難な機種があるかも。「きょう」と入れて変換すればたいがい出ますのでよろしく。

で,コンピューターの処理能力が上がるにつれて,「ただす」で変換できるようになってきて,最近は携帯でもたいがい出てくるようになったので,これでもう皆様にご迷惑はおかけしない,と思っていたら,最近,といってもWindows95のころから潜在的にあった問題らしいが,コンピューターの進歩によって新たな問題が生じてきた。「匤」問題である。実はナカムラは最近まで,「匤」というのは誤字で,正しくは「匡」,タダシクハタダスと信じてた。ところが,考えてみるとその根拠って,だって小学校のころにそんな話聞いた覚えがあるんだもん,という程度。ネットで調べてみると「匡」の異体字として「匤」というのはちゃんとあるみたいだ。で,困るのはシフトJISやUTFでは「匤」というのはちゃんと使えるのに,JISではこの字は定義されていないということだ。「しふとじすってなに?」という人はこのへんの解説をみてください。

JISにないというので困るのはメールである。世の中,「日本語メールはJISで送るべし」という鉄の掟があって,それはそれでありがたい。そんな掟のないwebの世界ではいろんな漢字コードが混在して,さらにその漢字コードを指定する方法もまちまちで,文字化け対策が大変だ。でも,そのJISに「匤」の文字がなければ,この字はメールで送れないことになる。ナカムラの名前は「匡」なんだから,気にしなくていいじゃん,と思われるかもしれないが,どうも「ただす」を変換すると「匤」の方が「匡」より先にでてくる変換プログラムがあるらしく,ときおり名前が「匤」で来ることがある。いや,それは昔から普通の郵便でなれっこだし,ナカムラは名前というのは単なる記号だと思っているので「人の名前を間違えるとは失礼な」なんてクラシックな考えはない。

でも困るのはメールソフトの一部,たぶんマッキントッシュ OS Xの標準メーラーが妙に賢くて,JISで表現できない漢字があった場合はそれをシフトJISのまま,MIMEでエンコードして送ってくるのである。MIMEってなに? という方,説明面倒臭いので適当に調べて。とにかく,「匤」一文字だけ文字化けするなら全く問題ないのに,このMIMEで送ってこられるとデコードができない環境ならメール全体が文字化けするのだ。つまり全然読めない。はじめはそれに気がつかず,文字化けメールが来るたびに「オノレ,メールはJISっちゅう掟を知らんのか,なんて非常識,迷惑千万,クソボケカス!」という内容をもっとソフトに表現して送っていたのだが,ある日,フターナ氏(だったと思う)がメールの文字を解析して原因が「匤」であることをつきとめてくれた。暇なやっちゃのうありがとうございます,私の名前が悪うございました。

ということでナカムラにマックからメールを送るあなたは,名前が「匤」ではなく,「匡」であることを確認して送ってください,というのが今回の結論。あー長かった。ゲッペルスなんか遠い過去だ……。

ところで,上で,「『匤』は間違いではなく異体字」と書いたが,漢字のこれが誤字で,あれは異体字だから許せる,ってのはどうやって決まっているのだろう? たぶん,ちゃんとは決まってなくて,なんとなく習慣で判断してる気がするが……。でも,われわれの使っている言語のかなり多くの部分は同様にちゃんと決まってないのかも。

Nov 12, 2007

ヤクザマネー

昨日,テレビで「 NHKスペシャル|ヤクザマネー 〜社会を蝕(むしば)む闇の資金〜」なる番組を観た。「やーさんが株式投資でお金を儲けてます」という一文だけで表すことのできる,しかも誰でも知っている内容を,ゴールデンタイムにNHKスペシャルで延々とやるのは,なにか事情があるのだろうか? 取材がめちゃ大変だったから,結果的に内容はスカスカでも内部では評価されちゃったりとか。

Oct 27, 2007

シミュレーション奥儀

来月の中頃に福井で シミュレーション奥義という研究会をやります。プラズマシミュレーションに興味のある方は是非ご参加ください。(「シミュレーション奥儀」なんて,ふざけたタイトルだと思われるかもしれませんが,もともとは「シミュレーション無間地獄」か「シミュレーション虎の穴」にしようかと思っていた…。)

男女共同参画実態調査

アンケートのお願いです。ナカムラもちょっとかかわっている 第2回 科学技術系専門職の男女共同参画実態調査が,今月いっぱいの締切です。これをお読みで科学技術関係の方は,是非,ご協力ください。少し長いですが,よろしくお願いします。

Oct 22, 2007

「高学歴ワーキングプア」

最近話題の「高学歴ワーキングプア」を読んだ。実はナカムラもポスドクを2回やって,そのあとで一年ほど無職だったことがあるので,この問題はひとごととは思えない。(なんのこと? という方は「ポスドク問題」で検索してみてください。)もっとも,ナカムラが職探しをしていたころは今よりはるかに状況はよかったのだが。

で,読んでみてちょっと驚いたのだが,「行くべきか,行かざるべきか,大学院」という章で,「実は,角度を変えてみると,まだ大学院が有している魅力が見えてこないでもない」と述べて(p169),その魅力の内容として「目が開かれる」「コミュニケーションの達人へ」「生き抜く力を身に着ける」などがあげられている。

なんじゃこりゃ!? これは好きな異性と暮らす理由として,「収入が倍になるけど家賃は同じ」とか「炊事洗濯の手間が二分の一」とかをあげるようなもんじゃなかろうか。そんなことはどうでもよくて「惚れてしまったからしょうがない」という以外に理由はなかろう。大学院も,特に人生棒にふる覚悟で行く博士課程は,「研究が好きでしょうがない」という以外の理由だと,恐ろしくわりにあわない選択だと思う。理論物理だとか哲学だとかのつぶしのきかない分野は,稼ぎもなく浮気性でどうしようもないチンピラ男もしくはアバズレ女に惚れてしまったようなもので,好きじゃないとやってられないのではなかろうか。

それとは別に,もうひとつ気になったのは,いわゆるアカデミックポスト以外の就職先について「一般的な進路として,博士卒が民間に就職できる可能性は限りなくゼロに近い」と書いている(p53)ところである。本当?

たぶん,大学院博士課程卒で,民間に就職するとき,いくつかの要求レベルがあって

  1. 大学院で研究した内容が生かせる職場にいきたい。
  2. 直接研究内容が役にたたなくても,学部卒よりはいい待遇が欲しい。
  3. 少なくとも学部で卒業したときと同等の待遇で就職したい。
  4. 博士卒だからといって差別されることなく,同年代で職探しをしている人間と同じ扱いをされたい。
  5. なんでもいいから食べていければいい。

などが考えられるだろう。本書で「限りなくゼロに近い」と言っているのは,博士卒業者が1か2,あるいは3の上の方を求めているのに,世間では4か5しか提供されないということではなかろうか。博士卒業者としては中学→高校→大学とステップアップしてきて,さらにその上に大学院まで積んでいるのだから,それなりに処遇されていいと思っているのに,世間一般では大学の頃にセミプロのロックギタリストをやっていて,卒業してもそのままインディーズで活動してて30才過ぎました,というやつが職探しをしているのと同等にしか見てくれない。

しかし,上の1の場合は別だが,多くの場合,博士課程の卒業者はセミプロギタリスト氏と同等に扱われてしかたないだろう。たとえば,コンピューターのSE(ナカムラは無職のときに真剣に考えた)になったとき,「磁気流体波のパラメトリック共鳴が計算できます」というのはなんの長所にもならない。ギタリスト氏が「マイケルシェンカーより速弾きができます」というのと同じだ。どっちもかなり修行を積まないとできないのだが,全く役にはたたない(まだ速弾きの方が忘年会の芸になる)。いや,そんなことはない,私は学問という高級な営みを行ってきたのであり,低俗なロック野郎などとはいっしょにしないでもらいたい,と思うやつがもしいたなら,そいつは多分就職には苦労するだろうし,もし就職できたとしても職場ではハッピーじゃないだろうな。

で,はじめの話題にもどるが,大学院で本当に好きなことを5年(+α)やったのなら,4や5の就職をして,速弾き野郎と机をならべるのもわるくない人生じゃなかろうか。「お前のころはいまより状況がよくて,運良く研究職に就職できたからそんなノンキなことが言えるんだ」というお叱りをうけそうだが……。

Oct 13, 2007

名古屋報告

先日一般講演会の案内をしたが,実はこれは名古屋であったSGEPSSという学会の総会の一環として開催されたものである。おこしいただいた皆様,ありがとうございました。

というわけで,名古屋に行ってきました。名古屋にはわりと何回も行っているので,そこそこなれているのだが,やっぱり思うの喫茶店が充実していることである。結構いい感じの店がいたるところにある。いや,マウンテンのことではありません。1970年代からやっていて,そのころはチューリップ帽をかぶってベルボトムのジーンズを履いていたようなマスターが,今はいいじいさまになって,それでも気合いいれてコーヒー淹れてますってのが伝わってくるような感じの店が多い。ナカムラの住む福井にそんな店がないわけではないのだが,やはり名古屋の充実度にはかなわない。

と,いうことで,喫茶店マニアのナカムラは,セッションの空きを利用して栄の喫茶店に行きました。店の名前をひかえておくのを忘れたのだが,店内のメニューがこんな感じ。

この写真ではよく見えないのだが,右の下の方にコーヒーの心得みたいなのが

悪魔のように黒く 地獄のように熱く
天使のように清く 愛のように甘く

と書いてある。店内には,定年になって暇をもてあましているじいさまと,外回りの最中にひとやすみしてスポーツ新聞を読んでるサラリーマン(推測)しかいなかったが,くたびれた彼らが「地獄のように熱く,愛のように甘」いコーヒーを飲んでいるのをみて,なんとなく「よのなか そんなに わるいもんじゃない」って気分になった。人生は上々だ。

などと,思いつつその店を出て,ちょっと行った所に別の喫茶店発見。

つぎのセッションに間に合わなくなるので入らなかったが,よく見ると

珈琲だけじゃなくて,ランチもやっとるやんけ!!!

ついでに,その喫茶店の隣の店。

思いっきり重複が重なっている。(それともキリスト関係で「救世主食堂」か?)

Sep 11, 2007

見えない地球の中を探る

またまた宣伝で恐縮ですがナカムラの所属する地球電磁気・地球惑星圏学会という長い名前の学会が,名古屋で一般向けの講演会をやります。是非ご参加ください。申込締切は9月15日必着なので,まだ間に合う。

実は去年も一昨年も同じイベントでナカムラが司会をやったのだが,今年もやるかもしれません。というか誰か司会について知ってたら教えて。

Sep 04, 2007

支払を作りなさい

ちょっと前,ホテルターナーの日本語ページが結構話題になったが,(いまはもうない。くわしく知りたい人は「土品なバル」で検索のこと), AsiaTravel.co.thによるバンコクのホテルの昇進も結構強力!

Sep 01, 2007

宇宙花火

直前に紹介しようと思っていて,忘れていたのですが,運良く(?)延期になったようです。明日はみんなで宇宙花火を見よう!

Aug 20, 2007

絶滅危惧種

先日,絶滅危惧種のビワツボカムリが生きていたというニュースがあったが,最近,ナカムラも金沢に絶滅危惧種の探査に行ってきたので報告する。どんな危惧種かというと,これがワシントン条約でも保護がうたわれている(ウソ)「ジャズ喫茶」というやつである。「名画座」とならんで風前の灯の1970年代文明のひとつで,いまは東京や大阪などの大都市のここに一軒,あちらに一軒と,細々と生息しているのが確認されているのみとなっている。それが金沢にもあるという情報を得て,所用で行ったついでに寄ってみた次第。

「え,ジャズカフェならよく行く店があるけどなあ。ライブもときどきやってるし,カクテルなんかあっておしゃれ♪」というお嬢さん,あなたは本物のジャズ喫茶を知らない(知っててもたいして嬉しくないが)。

ナカムラが行ったのは「York」という香林坊日銀裏の店。まず,「裏」というのにふさわしく,本当に細い路地に面していて,ビワツボカムリよりも発見困難なのがジャズ喫茶の正しいありかたその1。そして店に入ると

  • 客がだれもいない狭い店の中に,大音量でジャズがかかっている。
  • 店の内装はいまだに昭和が終わっていない。
  • 天井にある落書きから任意にふたつをとりだすと,その間に少なくともひとつの落書きがある。(ように感じられるくらい落書きがある。)
  • 「ジャズ批評」のバックナンバーが積んである。
  • 「メニューください」という意味で「メニューあります?」と言うと当然のように「ありません」と答えられる。
  • 「じゃなにか食べるものは?」ときくと「やきそばぐらいならできるんですが」。
  • そして出てきたやきそばが量だけ多くて,くそまずい。
  • そのあとに頼んだコーヒーがさらにまずい。
  • 1時間ほど店にいる間に他の客がだれもはいってこない。
という涙がちょちょぎれるようなジャズ喫茶の純血種である。すばらしい! たぶん,また行くと思う。

Aug 19, 2007

夏の日の午後の研究室にて

Knock, knock!
「はい,どうぞ。なんだ,A子じゃないか。」
「センセ,借りた本返しにきました。」
「あ,この前貸した『科学哲学の冒険』ってやつね。対話形式で科学哲学のわかりやすく紹介をしているんだが,結構つっこんだ内容もあるってやつ。面白かった?」
「内容はとっても勉強になったわ。科学哲学って名前だけ知っていたけど,結構面白い分野なのね。」
「この本は英語のS野先生に勧められて買ったんだが,面白くていっきに読んでしまった。いい本だと思うな。」
「S野先生って,あの,背の高い,丸い眼鏡かけてる先生ですか? あの先生,カッコ良くてダンディだって女子学生の間では人気よ。」
「そう,あのカッコ良くてダンディな先生。彼の本業は自然科学哲学なんだよ。まだ若いけど,その業界では評価されているらしい。実は彼は僕の大学時代のサークルの後輩なんだ。」
「へえ,そうなんだ。同じサークルの先輩後輩でもずいぶん違うものね。」
「どうせ僕はカッコ良くもないし,ダンティでもないですよ。新宿歩いていると意味もなく不審尋問されるし。」
「いじけない,いじけない。ひとそれぞれってことよ。それより,この本,内容は面白かったけど,書き方がちょっと疑問だわ。」
「(『ひとそれぞれ』って,よく考えると全然フォローになっとらんやんけ。)書き方?」
「書き方というか,一般的なことだけど,この手の解説本で会話で話をすすめていくやつがよくあるけど,これって本当に意味があるのかなあと思うの。この本も,大学の先生と研究室に遊びにきた学生の対話という形をとっているけど,なんかまどろっこしくて,ちゃんと論説文みたいな感じで書いてくれたほうが,すっきりするような気がする。 」
「あ,それは僕も日頃感じることだ。先生と生徒の対話みたいにすれば,難しいこともやさしく理解できるみたいな誤解があって,ちと困る。難しいことは対話にしようが漫画にしようが難しいわけで,それを解説するのはどんな形をとっても大変だよね。たとえば量子力学って知ってる?」
「自然科学概論の授業で名前だけ聞いたわ。」
「その量子力学でシュレディンガー方程式というのが重要な役割を果たすんだが知ってるかな?」
「シュレディンガー方程式?」
「量子力学では,電子のようなミクロな粒子は古典論のように位置と運動量がはっきり決められないんだよ。だから,それをある意味で確率的に記述するしかなくて,その確率が従う方程式のことをシュレディンガー方程式というのさ。シュレディンガーって物理学者がみつけたんだけどね。」
「なるほど,シュレディンガー方程式がどんなものかわかったわ。」
「……なんて感じの会話が書いてある解説をみかけるけど, おまえナメとんのか,ゴルァ!と言いたい。シュレディンガー方程式の名前を初めて聞いた奴が,この数行の解説で理解できるはずがないじゃないか。でも会話文にするとうまく解説したつもりになっちゃうのかなあ。」
「まったく同感。それにこういう会話文って,なんか超不自然だったりしない? たとえば, この会話の冒頭にセンセの『なんだ,A子じゃないか』ってセリフがあるけど,普通こんなこといわないよね。その次の『対話形式で科学哲学のわかりやすく紹介をしているんだが云々』ってのも,妙に説明的で,お互いに知っていることなんだからわざわざ言う必要はないはず。読者にわからせようとして,不自然な会話になってしまっている。」
「あと,思うんだが,話の本質に関係のない,マクラというか遊びというか,その部分がどうしようもなくダサくて面白くないってことよくあるよね。」
「この会話でいうと『どうせ僕はカッコよくないし,ダンディでもないですよ』あたりね。センセに借りたこの本でも,登場人物の男と女の学生二人が実はつきあっていました,みたいな挿話が最後にあるけど,面白くもなんともないわ。そんな理系オタク女と哲学フェチ男がチャラチャラつきあってるかどうかなんて,どうでもいいわよっ! 知りたくもないわ。」
「なんか私怨入ってません? そう言えば,A子って最近彼氏とわかれたって噂を聞いたが……。」
「……。」
「……。」
「だから,そんな本筋に関係のないダサい創作の部分なんて必要ないって言ってるでしょ。」
「へい。すんまへん。でも,まあ,対話形式による解説って,かのガリレオ・ガリレイもやっているし,うまく使うとそれなりの効果はあるんじゃないかな。つまり,なんでもかんでも対話形式にすればわかりやすくなるってわけじゃないけど,それなりに文才のある人がうまく使えば効果はあるってこと。」
「いかにも対話形式の解説の最後に強引にまとめましたっていう,不自然なセリフね。」
「おあとがよろしいようで。」

Jul 31, 2007

金星の右側

…ってどっちだよ!?(この記事のふたつめの段落の頭)

Jul 09, 2007

七不思議

「新・世界七不思議に万里の長城、タージマハルなど」というニュース(リンクがきれてたらゴメン)。いつも思うのだが,「Seven Wonders」を「七不思議」と訳すのは誤訳だっ!「七驚異」とか「七びっくり」とかだろう。

考えてみればこういう誤訳は結構多くて,よく指摘されるものでも「天然記念物」(なにを記念するのだ?),「有理数」(rationalは「比」の意味で「理」ではない),「人間発電所」(若いひとにはわからんか?),「案内中心」(すみません,プラズマ屋限定です),など枚挙にいとまがない。しかも,困ったことに一度これが定着してしまうと,それが日本語のなかでちゃんと意味をもつようになり,新しく正しい訳語をもってくるとさらに混乱をまねくということである。いや,それほど困ったことでもないんだけどね…。

Jul 08, 2007

Kraftwerk

CD屋にビッチェス・ブリュー(正しい発音はビッチズ・ブルーだそうですね)を探しにいったら置いてなくて,代わりに安売りしていたクラフトワークのマン・マシンを買ってしまった。どんな代わりだ。それはともかく,これは名盤じゃのう,などと思いつつ車でかけながら,休日出勤で論文でも書こうかと大学に行って,ふとクラフトワークのオフィシャルサイトをのぞいてしまったら,そのまま一時間くらい時間がつぶれてしまった。クラフトワークって実は偉大なライブバンドだったのですね。超カッコイイ!

Jul 02, 2007

梅雨どきの宿題

以前,「春休みの宿題」として,Unruh効果の計算メモをこのサイトに貼ったが,そのコメント欄で前野さんが教えてくれた論文をネタに,ひとつ論文を書いてしまった。あのとき,最後に「ブラックホールの幾何についてはさらにパッパラパーなもので,よくわからんのです」と書いたが,それから勉強して(あれを書いた後で Kruskal-Szekeres座標というものを知った),なんとブラックホールからのHawking輻射に関する内容です。なんて泥縄な。というわけで,イマイチ内容に自信がもてないのですが,読者諸賢コメント等お願いします。

Jun 25, 2007

雨の中のデレクハートフィールド

だいぶん前に雨の中では走った方が濡れないというようなことを書いたが,最近, 雨でも走れば報われるという記事を書かれた方からメールをいただいた。実際に実験した人がいるのね。うーん。おもむき深い,というわけで,他の文章もよんでいたら,なんと! デレクハートフィールドという作家は存在しないのだそうな。やられたなあ,李筴振(りばしぶる)とかE.ベルツ博士とかの仲間なんですね。

ところで,村上春樹ははじめの3部作が圧倒的にいいと思う。「ノルウェイの森」も悪くはなけどね。「風の歌を聴け」は最高。実は最初のほうで「ねずみ」と主人公が車で事故をする公園はナカムラの実家の近所なのだ。それから「ノルウェイの森」で主人公が女の子と入る「ダグ」というジャズ喫茶が,いま靖国通り沿いにあるやつだと思ってる人をときどきみかけるが,たぶん,小説にあるのは,ここじゃなくて,今「ビザール」というショットバーになってる場所にあった店だと思う。若かりし日のナカムラも女の子と行ったことがある。

そこで僕はビールを2杯飲んだ。彼女はピーチフィズについてきたサクランボの種を口の中で転がして遊んでいた。彼女が灰皿に捨てたサクランボの茎を眺めながら,僕は突然,この世界はそれほど退屈な場所でないかもしれない,と思った。つまりそういうことだ。

Jun 15, 2007

337秒

授業でパルサーの話をしていて,はじめて見つかったパルサーの周期が「1.337秒」である,と言った直後に「三三七拍子」という洒落を思いついたが,なんとか口にださずに思いとどまった勇気を褒めてほしい。

May 26, 2007

鼻毛配分

ナカムラのいる大学のナカムラのいる部局で,研究予算の配分方法が話題になっている。今年から,なんらかの競争的配分を導入しようという話になっているのだが,ここで,例題として,以下の三つの配分方法の優劣を考えてみよう。

  1. 研究成果というものは量的に比較が難しいので,全員に均等に配分する。
  2. 各研究者に鼻毛を一本抜いてもらい,その長さに比例した研究費を与える。
  3. 研究者の間でかわされる互いの研究能力に関する噂話を調査し,それに基づいて研究者を「上」,「並」の同じ人数の二つのグループにわけ,「上」と「並」で支給額に格差をつける。
みなさんはどれが一番妥当だと思われるだろうか? 鼻毛配分は論外,噂配分もちょっといいかげんっぽいので,多くの大学でやっているように均等配分が妥当なところじゃないか,と思われる方もいるかもしれない。今回の話は,均等配分が鼻毛配分と同じくらい馬鹿げていて,噂配分がもっともまし,しかも圧倒的にましな配分方法であるということを信ずるに足る根拠があるという内容だ。

まず,簡単なモデルを考える。各研究者の成果がなんらかの指標で計れるものとし,i番めの教員の成果をyiであらわす。さらに各研究者の研究能力を係数aiであらわし,研究費xiをこの研究者に与えるとyi=ai xiの成果を生み出すものとしよう。これは極端に単純化したモデルだが,この妥当性についてはのちほどふれる。

始めに,均等配分と鼻毛配分を比べる。研究費の総額X = Σxiが一定のとき, 成果の期待値 <y>(以下,< >で期待値を表す)の大小で配分方法の優劣を決めるとしよう 。 まず,鼻毛配分についてだが,多分,鼻毛と研究能力の間には如何なる相関もないので(あったら大発見だ)積の期待値は期待値の積で置き換えることができる。つまり

<y>鼻毛 = <a x> = <a><x>

となる。均等配分の場合はxiは全て同じなので,これをx0と書く と

<y>均等 = <a> x0

となるが,研究費総額が固定という条件から<x> = x0なので,鼻毛配分も均等配分もアウトプットは同じということになる。

では,噂配分と均等配分の比較だが,まず,噂話から「上」「並」にわける作業の妥当性 を考えてみよう。もし,研究能力aiがなんらかの方法でわかって,それを上から順に一列にならべた場合,半分のところの値aで上/並にわけて,上に分類された研究者なら必ずai > a,並なら必ずai < aとなるようにできれば理想である。ところが,噂話はそれほど確かではないので,実際にはかなりはずれがある,つまり上でai < aとなったり,並でai > aとなったりする。

しかしながら,噂話と言えども全く実態と関係がないということは多分あり得ないので, はずれる確率を p で表して 0 < p < 1/2 としよう。すると,n人研究者がいた場合に噂判定がk人に対してはずれる確率P(n,k)は2項定理(っていうんだっけ?)で

P(n,k) = nCk pk (1-p)(n-k)

となる。「はずれ」が「あたり」より大きくなる確率はP(n,k)をkがn/2からnまで足した値になるが,これはnがある程度大きいなどの基本的な前提をおくと,<y>均等 が<y>より大きくなる確率,つまり均等配分の方が多くのアウトプットを生む確率とほぼ等しくなる。

では,実際にこれがどのくらいの値になるだろうか。まず,pの値であるが,ナカムラの感覚ではこれは0.2とか0.3とかの値である。つまり,研究能力に関する噂話は7,8割方正しいということだ。これは多くの同業者が同意してくれるのではないかと思う。ここではp = 0.2としてみよう。次に,nだが,ナカムラの勤める福井県立大学の規模だとすると100人程度である。すると,均等配分の方が優位になる確率は10-5程度の数となる。これは天文学的と言っていい小ささである。もっとひかえめに,p = 0.4としても,この確率は3%ほどとなり,依然として極端に小さい。p = 0.4というのは,あてずっぽうよりもちょっといい,という程度の確率なのであるが,それでも噂配分の優位性は歴然としている。

というわけでここでの教訓は,かなりいい加減な評価であっても能力評価をやって研究費に差をつけたほうが効率的であるということだ。もちろん,これはあまりに話を簡単化しているわけで,いくつも反論が考えられる。たとえば,以下のようなものはすぐに思いつく。

「そもそも研究成果や研究能力を単純な数値であらわすこと自体おかしい」
これは,この手の議論をするときにでてくる定番の反論である。これを言うと,経済学をはじめとする多くの数理系社会科学を敵にまわすことになるような気がするのだが,数値によるモデル化の有用性をまったく信じないと宣言されれば,それを合理的に反駁するのは難しい。しかし,数値化を信じないということから言えるのは,「噂配分が均等配分よりすぐれていると信ずるに足りる根拠がない」ということであって,均等配分の方がすぐれているという主張はできない。研究成果を比較する手段がないのなら鼻毛配分だって他の配分方法と同等な正当制があるはずである。数値化を信じなくて,なおかつ均等配分の方が鼻毛配分より優れているとする,説得力のある議論は寡聞にしてきいたことがない。

「モデルが簡単過ぎて実状をあらわしていない」
ここで示した結果はインプットがアウトプットに比例するというきわめて簡単なモデルに基づいていた。これ以外のモデルを使って違う結論を導くことは当然可能である。とくに均等配分が鼻毛配分より優れているとするモデルは簡単にできる(逆のモデルもすぐ思いつく)。しかし,噂配分と均等配分の比較結果は,たとえば,研究能力や研究費をある確率分布をもった連続変数にするなどの拡張を行っても,多くの場合同様な結果が得られるはずである。あからさまに噂分配が不利になるような要因を導入すると逆の結果も得られるが,不自然でないモデルというのはなかなか難しいのではなかろうか。考えつくのは,噂話の収集(一般的には研究能力の評価)にかなりコストがかかって,総研究費を圧迫してしまうというものである。これは考慮に値する反論となり得る。とくに「コスト」の概念を広くとって,競争によって生じる人間関係の悪化が生産性を落とすなどという議論は説得力があろう。

「最近の,なんでも効率一辺倒で,競争さえすればいいという風潮はよろしくない」
これは一般論としては全く正しい。しかし「すべて効率一辺倒,というのはよくない」という言明から「効率一辺倒というのは,すべてよくない」という結論は導かれないのは明らかである。

ほかにもいろいろと反論はあり得るし,ナカムラはなんらかの評価に基づいた配分方法が絶対的に正しいと主張しているわけではない。しかし,均等配分という配分方法の非合理性はここでの議論でご理解いただけると思う。本格的に議論する際の参考情報程度になれば幸いである。

May 03, 2007

MsgH

「あり得ないほど癒される」というので話題のこの動画であるが,確かにちょーかわゆい。しかし,日頃お気楽人生をおくっているナカムラはそれほど癒される必要もないので,2回めこれを見たとき(実はあまりにかわゆいので2度見てしまったのは内緒だ)「こいつら,この首の角度で肩こらんのかいな?」などと考えてしまった。いや,こんなことを考えるのは実はナカムラは重度の肩こり症で,とにかく,いつでもどこでもいくらでも肩を揉んでもらえたらハッピーという体質なのである。

で,話題はちと飛ぶが世の中には銀行というものがあって,経済学的にくわしい話は知らないのだが,これは基本的には,金が余った人がそれを預けておくと必要な人に貸しだされて,お互いに幸せ,というシステムであろう。考えるに,その昔,貨幣経済が始まったころから金の貸し借りはあっただろうが,そのころは銀行がなかったので,知っている人の中でだれそれが金が余っている/必要という情報をたぐっていって,貸し借りの相談をしていたのであろう。それでは限られた人の間でしか貸し借りが成立せず,効率が悪いのだが,道ゆくひとに片っ端から「金,余ってませんか?」と訊いていくわけにもいかない,というので銀行のような制度ができたのではなかろうか?

と,そこで考えるのだが,肩揉みに関しても同様に銀行的制度を導入できないだろうか? さきほど,ナカムラはいくらでも肩を揉んでほしいと書いたが,その代償としてだれかの肩を自分が揉めといえば,喜んでやる。実際,肩こり症の学生をみつけると,有無をいわさず肩をもんで,みかえりを要求したりする(ヤマゲンいつもありがとう)。しかし,これを見ず知らずの他人にまで広げることはできない。いきなり街中で道ゆく人に「あなた,肩こってません?お揉みしますよ」と尋ね回るわけにはいかないであろう。肩凝ったなあと思いながら人ごみを歩いていると「ああ,この人々の中の何割かは肩こりに苛まれているのだろうな,それがわかればお互いに幸せになれるのに」などとつい考えてしまうわけだ。

そこで,肩こり銀行,またはマッサージバンクを導入するというのはどうだろうか? 繁華街に店舗をかまえていて,肩凝ったなあと思ってそこに行くと,同じ悩みに苦しむ同胞が待っていて,お互いに肩をもみあってハッピーになるのである。さらに忙しいときなどはちょっとマッサージしてもらって,お返しは別の暇な日に,ということができれば便利である。つまり,通貨のように貯蓄できるわけだ。マッサージバンクの帳簿の上に「あんま時」あるいは「MsgH(Massage Hour)」という単位で記録しておく。電力量を「キロワット時」で計って電気料金を算出するようなものだ。

このシステムが日本全国に浸透すると,MsgHは通貨単位としてどこでも使えるようになる。福井で日頃こつこつと貯めたMsgHを連休の北海道旅行のときにドバっと使って豪遊したりとかできる。さらには,肩が凝るのは日本人の専売特許というわけでもあるまいから,広く海外までMsgHが流通するようになるともっと便利。通貨単位として全世界共通で,為替レートなど考える必要もなく,また,豊かな国でも貧しい国でも同じ価値が保証されるので,そのうち基軸通貨として機能し始め,昔あった「金本位制」のように「マッサージ本位制」経済圏が形成されるのも夢ではない……ことはないなあ,世の中には肩の凝らないひともいるんだった。

Apr 24, 2007

春休みの宿題

しばらくご無沙汰しておりました。なにをしていたかと言うと,春休みの宿題をしていたのである。といっても去年,冬休みの宿題としてやった「正準変換理論をつかわずにHamilton-Jacobi方程式を導く」みないなやつで,自分が自分に出した宿題。実は去年の秋休みの宿題だったのだが,いろいろと試行錯誤しているうちに今年の春休みにも間にあわなかった。でも「大型連休の宿題」というのは,ちと語呂がわるいので,今日あたりに見切り発車で提出してしまおう。小学校後半から高校まで,夏休みや冬休みの宿題を期日どおりにやったことは一度もなく,いつも遅れていたし。

で,お題はなにかというと「生成・消滅演算子を使わずにUnruh効果を導く」というもの。解説しておくとUnruh効果とは「真空と思って動いてみたら実は熱浴だった」という,よくわからん現象である(←全然解説になっとらん)。実は思う所あって,去年の後半あたりからこの勉強をしているのであるが,どうも,よくわからん。ということで教科書などにあるのと別の方法で同じ結果を導出してみたというもの。別の方法といいながら,たぶん,計算の本質は同じだと思う。

ということで,これが結果なのですが,この前のHamilton-Jacobiと違って,ナカムラは量子力学はイマイチ(学生のころに量子力学演習で不可をくらったような覚えが…)なので,あつかましくも前野さん(まだ読んでくれてるかな?)をはじめとする識者諸賢にお暇なときにでも見ていただきたいと思う次第である。どっか間違ってません? もし,考え方が間違ってないとすると,最後に得られたスペクトルは「加速運動によって生じる熱輻射」というものとはかなり違ったイメージのものになるような気がするのだが…。あと,Hawking輻射についても同じような計算ができそうな気もするのだが,ブラックホールの幾何についてはさらにパッパラパーなもので,よくわからんのです。

Mar 22, 2007

論文書かない科学者

「論文書かない科学者」とかというものがあってもいいような気がする

倫理的にあってもいいかどうかは別にして,現実問題として腐るほど存在するのではなかろうか。(実際そういう奴は腐っているのだが。)

Mar 17, 2007

チゲ

先日,近所のファミリーレストラン(ウチワ情報:開発のガストです。ちょっと前までサーコがバイトしてた所。もっと前にはLslがバイトしてた。)で食事をしていると,斜め前に20代後半から30代前半と思われる,ちょっと素敵なOLという感じの女性がひとりで座って,たぶん,キムチチゲ鍋と思われる料理を食べていた。で,見るともなしに見ていると,なんのためらいもなくチゲ鍋の汁をレンゲですくって,茶碗の白米にかけて食べているではないか。ああっ,なんて羨ましい!

実はなにを隠そうナカムラは大の「汁飯」ファンである。カレーライスとか中華丼とか,ラーメンライスに至るまで,なにか味のついたもの,それも液体状のものがかかっているライスに目がない。で,幼少のころより夕食がカレーライスなどだと大喜びをしたのであるが,悲しいかな,現代日本ではかけるべきと定められているもの(たとえばカレールーとか)以外の汁状のものをご飯にかけて食べるのを「行儀が悪い」とする悪習がはびこっている。たとえば味噌汁を白米にかけると「ねこめし」と言って蔑まれるし,さきほどあげたラーメンライスも学生の貧乏食の代表みたいに言われて,あまり行儀のいいたべものとはされていない 。

実はこれってとっても不幸なことじゃないですか? たとえば,定食屋で肉野菜炒め定食などを食べたとき,肉野菜炒めの皿の底に溜っているスープというか汁の残党というか,あれをライスにかけて食べたい,でも,行儀がわるいからできないなあ,ああでもかけて食べたい,という葛藤の末に,世間に負けてしまってあきらめるっていうことありませんか? ただただ平凡で自己主張のない白米が,その汁 ---肉と野菜の味が染み込んで素晴らしい味!--- によって,まるでクラークケントがスーパーマンになるように華麗に変身するのに,単に「行儀が悪い」という意味不明の理由でそれができないなんて。クラークケントが美女を救うために変身しようとしているときに「それは行儀が悪いからやめときなさい」なんて言うみたいなものだ。(たしかにスーパーマンの衣装はちと変態っぽいが…。)

いや,冷静になるとそれほど大したことでもないのだが,ナカムラはこれまでの長い人生の中でいろいろなものを食べてきて「ああ,この皿に残ってる汁をライスにかけて食べられたら…」と残念な思いをした経験は数多い。だから,いま,斜め前でまわりを気にせずにためらいもなくチゲスープをライスにかけて食べているお姉さんを見るととっても羨ましい。昭和初期の女性開放運動で平然と社会進出をしていく女性を,羨ましく横目でながめる因習にしばられた旧家の嫁の気分はこんなものだろうか。

考えてみると,今,この瞬間にも日本全国でおびただしい数の肉野菜炒め定食が食べられているわけで,その残り汁の多くは「ああ,これ,ライスにかけたら美味しいのに」というねばりつく視線をあびながら,下膳口に運ばれて下水に流しされてしまうわけだ。年間何トンにもなるであろう残り汁は,「行儀がわるい」という偏見さえなければそれが人々にもたらしたであろう幸せを考えると,巨大な社会的損失に思われるのだが…。

Feb 27, 2007

特別講義/セミナー

げげっ。2月ってのは28日までしかないんだっ。ということは明日で2月は終わり! いや,それなりに覚悟はしていたのだが,このようにあからさまな形で現実をつきつけられると驚愕を禁じ得ない。

というほどのことでもないですが,月日がたつのは速いですね。今年も残すところあと10ヶ月。いかがおすごしですか? ナカムラは実は来週,以下のようなセミナーというか講義というかをやります。前半はプラズマ物理をひととおりかじったけど,まだしっくりきてないなあ,というマスターの学生さんが対象,後半はプラズマ物理周辺のナカムラ以外はあんまり興味がないかもしれないマニアックな話題をお届けします。主催者側のご厚意でどなたでも参加可能なので,お暇な方はおひとついかが?

東大STP特別講義/セミナー
日時:3月5日、6日、 午前10時から午後5時
場所:東京大学・本郷・理学部1号館8階843号室
講師:中村匡
  1. 流体方程式
    • 分散関係だけ満足してるなんて…
    • 君は磁場凍結を見たか?
    • MHD方程式の正当性
  2. 運動論
    • ランダウ減衰奥儀
    • BBGKYの罠
    • まだ見ぬ無衝突統計力学
  3. その他
    • 相対論流体方程式
    • 微分形式と電磁気学

理学部1号館の場所は このへんを見てください。

Feb 11, 2007

都市伝説

ここの「都市伝説」またぞろ脚光という記事の最後に,都市伝説の例として

  • 童謡「さっちゃん」には4番の歌詞があり、それを聴いたら……。
  • 海辺で足を切ると傷口からフジツボの卵が入り込んで体内で繁殖する。
  • 切符の端にある4ケタの券番の1ケタ目と4ケタ目が同じ数字だと「両思い切符」、持っていると恋がかなう。
  • ○○公園の池でボートに乗ったカップルは破局する(各地の有名公園で存在)。
  • 人の顔をした犬、「人面犬」がいる。

===2月11日付記
わ,しまった。書いてる途中でパラ部の連中が来たので,そのままにしてやすべーに行ってしまいました(うちわじゃない人はよくわからないと思うがご容赦)。で,書きたかったのは切符とボートは単なる迷信で「都市伝説」とは言えないんじゃないか,という疑問でした。意味不明ですみません。しかし,いま見ると,それを書いてもあんまり面白い話題じゃないですね…。ということで,今回のオチは身内の力をかりて,コメント欄二つめの(7)ということでお願いします。

Jan 26, 2007

後日談

以前に書いたヒミツ!のホワイトボードだが今の状態は……。

やるなあ。誰だろう。「魑魅魍魎」とちゃんと書けるところがすごい。先週気がついたのだが,前からあるのかな? ちなみに,ナカムラはまだ中をのぞいてませんが,ヤマゲン氏のレポートによると,*******だそうです。

Jan 22, 2007

流れる川は川の流れるがままに…

あまり話題になってないようだが,昨日あったセンター試験の「理科総合B」の第4問・問5は以下のような問題だった。

より多くの生物が川で生息できるようにするためには,川をどのようにすればよいか。最も適当なものを,次の1〜5のうちから一つ選べ。
  1. 土手をコンクリートで固めて崩れないようにする。
  2. 川の蛇行をなくして,まっすぐに流れるようにする。
  3. 川底の段差や石や砂は残しておく。
  4. 橋や鉄橋を多く架ける。
  5. 河川敷を公園化して多くの人の憩の場にする。

大学入試センター発表の正解によると,答は3だそうだが,これって本当? まず,「より多く」というのが個体数を多くするのか,種の数を多くするのかが不明。個体数だとすると,単細胞生物に比べて,魚や蟹などの構造が複雑な生物の数は全く無視できるので,公園化によって出る食べ残しなどでプランクトンが増える方が有効ではなかろうか,などと考えると迷いなく3が正解とは言えないような気がする。そもそも,この問題はなにを意図してるのかよくわからないんですが。

Jan 13, 2007

ナカムラ

いつものことですが,たくさんコメントをいただきならがら全てにお返事せずに恐縮です。先日書いたE電ネタにもいろいろいただいて,中野さんは名古屋に移られたのか,その節はお世話になりました,などと思っているうちに日がすぎてしまった。

で,以下はその中でna氏からもらった,日本語には適当な呼びかけ単語がないという話への反応。大阪弁なら成人男性への呼びかけにはちゃんと「シャチョー」という言葉がありまんがな,という話ではなくて,日本語で多くの人が不便に思っているのは英語の「I」とか「you」とかに対応する言葉がないということではなかろうか,という話題。「わたし」とか「おれ」とか「きみ」とか「あなた」とか,たくさんあるじゃないか,とおっしゃるかもしれないが,そのたくさんあるのが問題なのである。つまり,「わたし」と「おれ」は,単に一人称の指示代名詞(っていうんだっけ)以上の情報を含んでいて,どれを使うかで全くニュアンスが違ってしまうのが困る。

このへんのことは,いろいろな人がいろいろ考えているようで,例えば「わたし,おれ,ぼく」をキーワードに検索するといろいろひっかかるのだが,ナカムラが困るのはこのページのような雑文を書くときにぴったりのニュアンスの言葉がないことである。というか,ニュアンスを含まないまったく透明無臭の一人称がほしいなあ。女性の場合,「わたし」が結構それに近いかもしれないが,ナカムラのようなハードボイルド系(そこ,笑わないように)の成人男性がちょっとくだけた文章を書くときに,不自然なく使える言葉はなかなかない。だから,このサイトではナカムラは自分をさすときは「ナカムラ」と書いているのだが,これもなんかちとイチビっているような気がしません? (←お前の存在自体がイチビっているので問題ない,と言われると強く反論できないが。)

メールなどでも,多くの場合は「中村」と書いているのだが,実はこれも困ることがあって,相手とか話題の中の人物とかが「中村」だったらなんのこっちゃらわからなくなってしまう。しかも「宇賀神」などという名前とちがって「中村」はそこら中にいるので,この確率が高いのである。いや,実は今,友人の「中村」にメールを書こうとおもってこれを思い出したのでした。

Jan 11, 2007

おさかなマウス

外出用に使っていたマウスがこわれたので,100満ボルトに行っておさかなマウスを買ってきました。

目のところがマウスボタンになっていて,USBコネクタを差すと光ったりして,なかなかカワユイ。

でも,目がボタンってことは,目玉に指をつっこんで使っていることにならないか?と考え出したとたん,クリックするのがかわいそうな気がしてきた…。