Dec 30, 2006

E電と山犬

先日,ひさしぶりにトランプゲームをやった(「大貧民」のルールをやっと憶えたぞ。でもすぐに忘れるんだろうな…)。そのとき,ふと気がついたのだが,日本語にはトランプの「スート」に対応する言葉がないですね。ルールの説明をするときにとっても不便。「あの,スペードとかハートとかの区別」とか言ったり,「例えばスペードに続いてはスペードしか出せない」とかいう個別の例で示したりすることで意志の疎通を計っている。

あきらかにわれわれの頭の中に概念を共有しているのに,それに適切な言葉がないって例は珍しいんじゃないだろうか?「切札」とか「ババ」とか,他の必要な単語は対応する日本語があるのに「スート」はなんでないのだろう。花札とかのそれまでの日本のカードゲームにはない概念だからだろうか? …と書いて,ちょっと考えると「姓名」の「名」,つまり英語で言う「Given Name」なんてのもそうだから,同じような例は結構あるのかも知れないな。みなさん,思いつきます?

これは,ソシュールの言う所のシニフェとシニファンの問題であるが…などと知ったかぶりでわかったようなことを書こうと思って,ネット上を調べているとソシュール思想の基本概念というページを見つけた。で,そこにあった

 例えば、「犬、狼、山犬」という語彙を持つシンプルな体系を考えます(もちろん、生物学的には意味のない分け方です)。もし仮に、ここで「山犬」という単語が無くなるとすると、それまで「山犬」と呼ばれていた動物の一部は「犬」に、一部は「狼」になるでしょう。また仮に、「野犬」という単語が新たに生み出されたとすると、それまで「犬」「狼」「山犬」と呼ばれていたもの、それぞれの一部が「野犬」というグループに分類されることになります
という記述を読んで,ちょっと思い出した話題をひとつ。「生物学的には意味のない」と書いてあるが,生物学的な区分も「種」以上の「属」とか「門」とかになるとあてはまるのかも知れない。また,「山犬」という日本語がこの例にぴったりくるかという問題もあるそうだが,そのへんは無視。

で,ソシュールの言う所は,ナカムラの素人理解によると

|------ 犬 ------|---- 山犬 ------|----- 狼 ------|

と区別している言語があって,ある日,「山犬」という単語がなくなると,

|---------- 犬 ---------|----------- 狼 ----------|

という具合に「犬」と「狼」の守備範囲がひろがって,「山犬」なしでもやっていけるだろう,というである。つまり,連続分布の概念をいくつかにわけて名前をつけるときに,いくつの単語を用意するかというのには恣意性があり,その単語が概念の方を規定してしまうということである。(らしい。言語学に詳しい方,間違ってたら教えてください。)

そう言われると,なんとなくそんな気もするなあ,でもいきなりある言語から必要な単語なくなるということは,まずないんじゃないか。もし「山犬」に対応する動物が死に絶えてしまって,その記録も忘れ去られるとしたら,そもそもその単語の必要性自体がなくなって,

|------ 犬 ------|         |----- 狼 ------|

のようになっちゃうし,などと思われた方もいるのではなかろうか?もし,ソシュールの言うようなことを起こそうと思ったら,独裁国家で専制君主が「来年から山犬なる単語を使うこと,まかりならぬ」みたいな禁止令を出すときくらいしかないんじゃなかろうか,とも思える。

ところが,昭和終盤の日本でこの話にぴったりの例が起こっているのである。「国電」である,と言ってピンと来ない若い方に説明すると,その昔,今のJRは「日本国有鉄道」略して「国鉄」と言って日本政府が経営していた。で,その時代,JR線のことは「国鉄線」と言われていたのだが,その中でも東京や大阪の大都市圏の近距離列車をとくに「国電」と呼んでいた。(たぶん,もっと昔には長距離列車はディーゼルかなんかで,都市圏近郊だけが電車だったからそう呼ばれるのかと思うが,さすがにそれはナカムラの生まれる前の話。)
それが,国鉄が民営化してJRになるときに,やっぱ「国電」じゃまずいでしょう,ということになって,名前を公募したりして,JR東日本では「E電」などという脱力する名前なども提案されていたのだが,結局これは定着しなかった。その結果,いまの日本語には「東京や大阪の大都市圏の近距離列車」というカテゴリをあらわす言葉がなくなっている。それなしでも特に不便はない。

…というのが,今回の話題。だからどうした,といわれそうだが,どうもしてません。すみません。いや,でも,われわれ昭和世代は言語学理論を検証する世界にもまれな現地実験の生き証人なのであると思うと,ちょっと楽しくないですか?

東京大学のアルバートアイラー returns

以前に書いた「東大アイラー本」の記事にたくさんコメントをいただいて,いくつか疑問点が生じたので同じ著者の「憂鬱と官能を教えた学校」も読まねば,と思っていたのだが,一時中断して他の買って読んでいない本を片付けている(「ドラゴンフライ」面白かった!)うちに日がたってしまって,最近ようやく読むのを再開したところである。…と思っていたら,昨日,かなり厳しいコメントをいただいた(12/04コメント欄参照)。

>何も知らない人が能天気ないちゃもんをつけているように読めました。

という御指摘である,確かにナカムラは音楽に関しては素人だし,さらに同じ素人でももっと詳しい素人の方もゴマンといると思われるので,「何も知らない人」といわれても仕方がないかもしれない。ただ,自分の書いたものには「しょうもないジョーク」も含めてそれなりに責任があると思うので,「そんな,素人の話にいちいちめくじらたてなさんな」みたいな無責任なことは言わず,御批判には答えたいし,誤りがあればそれなりに謝罪・訂正はしていきたい 。

ということで,以下がこのコメントについてナカムラの返答である。書いているうちに,コメント欄には長すぎる分量になったので,新しい記事にした。コメント主さん(コメントには名前がなかったので,便宜的にこよばせていただく)にまだ読んでいただけるようなら,さらなる反論・コメントをお待ちしてます。また,これを読まれた他の方でも間違いなどあったら指摘していただきたい。なお,ナカムラはバークリー・メソッドを直接学んだことはなく,「ジャズ・スタディ」やら「憂鬱と感能」やらで間接的に知っているだけであることをことわっておく。「原典を読まないかぎりなにも言うな」という立場もあるかとは思うが,孫引き知識でも許される理科系業界にいる(「プリンキピア」読んだことのある物理学者なんてほとんどいないだろう)ということで大目にみていただきたい。

>いいですかいいですか、デイヴィスがバークレー・メソッドを学んで台頭したのではなく、デイヴィスらが始めたモード・ジャズを分析する手法としてバークレー・メソッドが台頭したのですよ。

いいですよいいですよ。まず,単純な事実確認から。バークリー・メソッドがいちばん成功したのは,モード・ジャズではなく,それ以前のビバップに代表されるコーダルなジャズだと思うのですが。コーダル・アプローチに関してバークリーは,ドミナントモーションとかサークルオブフィフスとか,非常にシステマティックな体系を持っているが,モードに関してはイマイチだと思う。これはナカムラが思うだけでなく,「憂鬱と感能」にもそのあたりがバークリーの限界だというように書いてある。いや,モードがイマイチでないとしても,バークリーがその地位を確立したのは,主としてコーダルな音楽に対するアプローチによってであろう。だから,「モード・ジャズを分析する手法としてバークレー・メソッドが台頭した」という指摘はあたらないでしょう。

しかし,これは多分,(ナカムラの間違いでなければ)単なるコメント主さんの勘違い(まさかコーダルなアベイラブルノートスケールをモードと勘違いしていることはないと思うが)であり,議論の本流には影響しない。コーダルなアプローチでもバークリーの強い影響をうけてジャズが発展した,というのであれば,ナカムラに対する批判は当を得ているわけだ。だからたとえば

>コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」がモロにバークレーの延長で構成された曲であることも本書では指摘されているのに、読んでいなかったのでしょうか。

というとき,コルトレーンがバークリー・メソッドを勉強して「ジャイアント・ステップス」を書いたのか,それとも,あとからコルトレーンの曲をアナライズするためにバークリーシステムが進歩したかが問題である。後者だと思うのですが,どうですか?

「ジャイアント・ステップス」は必ずしもいい例ではないと思うが,一般的にバークリー・システムを身につけたジャズマン達がジャズを発展させていったというのでなく,すでにあるジャズのスタイルをバークリーがうまく整理したというのだとすると,ジャズ史にとってバークリーが重要,というのはあたらないでしょう。ナカムラの専門の物理のたとえで言うと, ランダウの「場の古典論」は相対性理論の教科書の定番だが,だからといってランダウが相対性理論の発展に重要な役割をはたしたとは言えまい。

>コード・システムはバッハが最初という突っ込みもナンセンス。

これはナカムラの書き方が悪かったようだ。すみません。もう一度読んでいただければわかると思うが,「コード・システムは昔からあった」というのがナカムラの主張で,そのわかりやすい例としてバッハをだしたまでである。バッハが最初とは言っていない。バッハがはじめようが,はるか昔のネアンデルタール人がはじめようが,議論の本筋には変わりない。だから,

>バロック時代に既に通奏低音+数字というスタイルのコードが存在しています。

というコメントは,ナカムラの主張と完全に一致する。そして

>バークレー方式はこれを受け継いだものであるという指摘が下巻にあるのですが、これも読んでいないのでしょうか。

というとき,バークリーが単にこれを受け継いで充実させただだけなのか,それともジャズの発展に寄与するなにか根本的な質的変化をもたらしたのかが,重要だろう。そして,その点について,東大アイラー本はほとんど説明をしていない(と思う)。もちろん,「バークリーという言葉は特定の学校をさすのではなく,もっと広い意味でジャズ的な楽理一般を象徴的に意味する」という主張はありだが,そうだとすると「バークリーがジャズに重要」というのは定義により常に真の命題で,なにも言っていないに等しい。

また,「ここで論じているのはジャズの歴史ではなく,ジャズの記号化の歴史だ」というならばそれは正しいかもしれないが,そうすると次のMIDIの話題と同じく「看板に偽りアリ」ということになる。読者のほうで勝手に看板を想像しているという面もあるが。どっちにしろ,そのあたりを著者が明示的に論じてないのは問題だと思う。(それとも,コメント主さんが主張するようにナカムラの読解力が足りないだけか?)

>MIDIが変えたのはジャズについてではなく、旧来の音楽観そのものではないでしょうか。

これは前の記事に対するUshiro氏のコメントの所でも書いたけど,ジャズ史の本という看板を掲げているかぎり「MIDIはジャズとは関係ないけど音楽一般として」というスタンスは非常にミスリーディングで不正実と言わざるを得ないでしょう。さらにナカムラが主として問題にしているのは,この本の理論的整合性ではなく,それを読んだときの「平均律・バークリー・MIDIでジャズがわかっちゃった」という疑似理解の方である。現に本文でリンクしたAmazonの書評にも明示的に「ジャズ」と書いてあるものが多い。

ということで,コメント主さんの

>結局、このブログの主どのは自分が理論的なことをなんにも知らないことを棚に上げてひとの批判をしているんです。

というご意見は少しは変えていただけるでしょうか? ダメかな? ちなみに音楽学校の名前は「バークリー」です。バークレーはサンフランシスコの近所,バークリーは地名じゃないけど所在地はボストン。モントルーとモンタレーくらいややこしいから間違うひとはおおいけど。

Dec 22, 2006

硫黄島

硫黄島からの手紙」を観てきた。少し前に前作の「父親たちの星条旗」(同じリンク参照)も観たのだが,感想としては前作の方が断然良かった。以前に本などで読んだことのある硫黄島の戦闘,とくに灼熱の穴蔵で水も食糧も尽きて殺されていくというシチュエーションが平板に描かれているのが原因かなあ,などと思ったのだが,良く考えてみると別の理由に思い当たった。

「父親たちの星条旗」アメリカ兵を,「硫黄島からの手紙」では日本兵を主人公にしているのだが,「父親たちの星条旗」では戦闘そのものではなくて,戦闘が終わったあとで偶像に祭りあげられ,人生が狂っていく兵士の話である。題材のヘビーさだと断然「硫黄島からの手紙」なのだが,ここで描かれている日本の狂気は,われわれは過去のもの,つまり歴史的事実として振り返ってみることができる。(完全にそうとは言いきれないところがあるが。)

それに対して「父親たちの星条旗」で描かれているアメリカの狂気は,実は,朝鮮戦争ベトナム戦争を経て,今現在もイラクやアフガンでの戦争に連綿とうけつがれているのではないか。イラク戦争で捕虜になった女性兵士がメディアの偶像にまつりあげられそうになった事件は記憶にあたらしい。これが「父親たちの星条旗」の方がリアリティを持って訴えてくるものがある理由なのではないだろうか。

「硫黄島からの手紙」に,アメリカ兵が捕虜にした日本兵を「連れていくのはめんどくさいから殺しちゃえ」とか言って打ち殺すシーンがある。これはひょっとしたら,今,あなたがこの文章を読んでいる瞬間にもイラクで起こっていることかもしれない。