Apr 30, 2006

えひゃい

某掲示版の記事によると,ヤマゲンは約3週間髭を剃らなくても大丈夫だそうである。ナカムラも鬚は薄い方なので,ヤマゲンくらいの年のころは鬚など思い出したときにしか剃らなかったが,大人になるにつれてそうはいかなくなり,今では毎朝鬚を剃るのが日課である。ときおり忘れるけど。(ヤマゲンってだれやねん,という方が多いと思うが,そういう方はここまでの文章は忘れてください。) で,ナカムラはブラウンの電動シェーバーを使っているのであるが,先日,これを使っているときに,ちくりとした痛みを感じるので見てみると,こんな感じでアミバのまん中よりちょっと手前あたりが欠けていた。

げげ,こりゃ,新しいアミバ (網刃) を買いに100満ボルト (福井の家電屋です) までいかにゃあならんなあ,などと考えていたのだが,ふと思い付いてシェーバーを逆に持って,つまり上の写真で映っていない側を使って剃ってみた。なんてこったい,全く問題なく使える! そして,ナカムラはこれまでずっと,毎回毎回アミバの同じ側を使っていたことに思い当たった。理由は単純で,電源スイッチを親指で操作するとすれば,一通りに持ち方は決まってしまうからである。ということは,この写真の向こうがわには,広大な手着かずの処女地が広がっているということではないか! もしも,これに気づかずに100満ボルトで新しいアミバを買っていたら,古いやつはまるまる半分を使わずに捨てることになっていたのである。うーん,これはとても得した気分。

ところで,今ちょっと調べてみるとシェーバーの刃って18ヵ月で新しいのに替えなくちゃならないそうですね。みなさん,そんなに頻繁に替えてる?

Apr 28, 2006

げげっ

このページの観望の日付が「5月27日(金)」となってましたが,27日は土曜日ですね。正しくは「5月26日(金)」の間違いでした,いま訂正しました。それから,中村一族の名前が漢字一文字なのは彰氏 (さすがにこれが兄ではないでしょう) からで,彰氏の父親は忠三郎です。

などと言いつつ,遠路はるばる(というわけでもないのだが)このセミナーに参加してきたわけですが,これに対する田崎氏の問題意識

この世界に、未だ人類は発見していない完璧に正しく普遍的な物理法則があるのだが、それを定式化するための概念は、われわれのアーキタイプに蓄えられた「原・概念」とまったくもって対応していないとしよう。人類は、いつの日か、この物理法則を発見し定式化することができるか?

に対してナカムラが思うこと。ナカムラが思うに,われわれが「物理法則」として認識しているものは,世界が動く規則を人間型の情報集約法で整理したものではなかろうか。たとえば,スーパーコンピューター並の早さで暗算をし,光ファイバー並の情報伝達速度でしゃべる人間集団があったとすれば,彼等の記述する物理はわれわれのそれとは全く違ったものになるのではないか? そうだとすると「人類のアーキタイプと対応しない物理法則」というのは定義により存在し得ない。いや,しかし,やっぱりそういう「スーパー情報処理人類」がいたとしても,物理は変わらないのでは,という気もする。ヨクワカリマセン…。

それとは別に,「アーキタイプ」 (英語でarchtype, 実はこの単語知らなかったのであとから辞書でひいた) なるものはきわめて個人的なもので,人によって物理の理解のしかたが違うのではないか,ということも考える。以前にこのサイトのどっか書いたが (探すの大変なのでリンクはパス),たとえば,音楽の認識の仕方は絶対音感がある人とない人で決定的に違う。それと同様に,「エネルギー保存」などの物理的概念は人によって違う理解のされかたをしているのではなかろうか。(ここで言う「理解」というのは正しく数式が書けて,ひとに説明できるというレベルではなく,なにか新しい理論を考えているときの直観の源となる,説明しがたい意識下のイメージのことです)。

Jung-Pauli-Wiegel-Tasakiとつづく議論をイマイチ正しく理解している自信がないので,よくわからないのではあるが,ともかく,あのセミナーに村上陽一郎氏が来ているとは知らなかったのは事実である。多分,ナカムラのとなりに座った人ですよね。イメージ違う,びっくり。

Apr 13, 2006

PR

一部で中村兄が話題 (ここの4月11日のコメント参照) になっていますが, このページなど御覧になると何者かわかるわけで,御近所で呼吸器系の病気でお困りの方はぜひお越しください…などと言うと公共の資産である福井県立大学のコンピューターを使って身内の宣伝をするようなので,もちろんそういうことは言いませんが,話はかわって,先日,Cool Jokeのライブに久々に行って来まして,とっても良かった,そして,新作のCDは本来の彼等らしい,ストレートアヘッドな内容で,是非,おすすめの一枚です,などというのも宣伝になるかも知れないが,このバンドは福井県立大学の軽音部出身なので大学の宣伝にもなっているのでいいかな,などとも考えるわけで,でも実は本題の宣伝はこれなわけです。よろしくお願いします。

Apr 03, 2006

19×19

先月はこのページの更新がなかったが,なにをしていたかと言うとスウェーデン,京都,金沢,東京と各地を巡業 (?) していたのである。で,先週は最後の巡業地の東京にいたのだが,単に夜歩いているだけなのに不審尋問をして,名前を言わなかったら交番でしぼるのはやめてほしいです,新宿警察のみなさん。いや,「しぼる」というのは語弊があって,不審尋問は法的な強制はできないので,あくまで「お願い」なのだそうだが,拒否するのに30分以上かかる「お願い」ってなんなんだ? 歌舞伎町の客引きだってそこまで粘らないぞ。
それにしても,なんでとってもたくさん人の歩いている新宿の繁華街の雑踏の中で,ナカムラだけがピンポイントで不審尋問されるのだろうか? そんなに怪しい恰好はしてないんだけどなあ。みなさん,歩いているだけでお巡りさんに声をかけられたことありますか? (ナカムラは過去に何回かある。警察じゃないけど真昼の新宿を歩いていたら「1日1万2千円(1万円だっけ) で働かんか?」と誘われたこともあったなあ。あれって, 実は結構ヤバい仕事の誘いじゃなかったのだろうか。「やります」って言ってついて行ったら今ごろどういう人生になっていたのだろう。あと,やっぱり新宿でゲイにナンパされたこともある。俺ってセクシーなのかなあ?)

まあ,そんな風に素敵な東京滞在を楽しんでいたのであるが,大学時代の音楽サークル (POMPです) の旧友と久しぶりに再開して飲んだ晩もあった。みなさんおなじみの「ネットで一番有名な増井」氏などもいたわけであるが,たまたま大学サークルのみならず,高校まで同じ旧友が3人がいたので,高校時代のまきのさんの話題などきいてしまった。ナカムラはまきのさんとは直接面識はないのだが,あとのふたり (ますい+あおの) が物理研究部だったので,よく知ってるそうな。次回はまきのさんもご一緒にいかが?

それ以外にも増井さんが鎌倉の雑木林で首つり死体をみつけたなどの心和む話題でもり上がったわけだが,今日の話題はその増井さんのMIXI日記(ところで,このページってコメントまで公開してしまって文句は来ないんですか?)のこの文章。さらに,カネゴン氏のページ経由で,19×19的な話を見つけてちょっと考えたのだ。こういう話をするときって,算数の能力と数学の能力という別のもの (相関はあるかもしれないが) がごっちゃになっていることが多くないですか? まあ,大雑把なたとえをすると,書道などできれいな文字を書く能力と,小説などで名文を書く能力を同じに論じているようなものだ。
偉大な数学者でとびぬけた暗算能力があるものは確かに多い。フォンノイマンなんかは電話帳のページをひらいた瞬間にその電話番号をすべて足してみせたそうだ。しかし,そうでないやつも多くて,たとえばクンマーは7かける9を計算するのに「69は大きすぎるし,67は素数だし,65は5の倍数だから,多分63だろう」などとやっていたらしい。(7かける9は知らないくせに67が素数なのを知っているところが面白い)。だから,九九の能力をもってして数学的才能をむすびつけるのはちょっとずれている気がする。(もちろん,ある程度関係はあるだろう。増井さんが書いている「コツを覚えれば」 --- ちなみに「憶えれば」が正しくないすか? --- という計算法やこのページのガウスやガードナーの話は数学的能力に近いものがある。)

ナカムラの専門(プラズマ物理学)のように応用として数学を使う商売でも,とくに理論研究では実際の値を求める計算はそれほど重要ではない。実はナカムラの経験では --- ということは,ナカムラの専門の狭い分野に限ったことかもしれないが --- 本質的な計算でπとeと2以外の数がでてくることはあんまりない気がする。だから,ナカムラは計算していて3とかがでてくると,計算間違いを疑う。7とかがでてきたら,ほとんどの場合が間違いだ。いや,もちろん2以外の数もたくさんでてはくるのだが,それはなんらかの変数から計算されたもので,そこにわれわれの世界の数を代入したからそういう数になっている,という場合がほとんどだ。たとえば8なんかは計算によくでてくるが,実はこれは2の3乗で,3というのはわれわれの住んでいる世界が3次元だから,などとということが多い。ほかにもいろいろ数がでてきても,それは電子の電荷と質量の比だったりとか地球の半径だったりとかして,現実世界で計った値を代入すべきものである。したがって計算のほとんどはxとかαの変数を操作する作業で,値をもとめるのは (もしその必要があったとしても) 最後に電卓か計算機でやることになる。だから19×19の暗算ができてもあんまり嬉しくないと思うけどな。

ところで,以前から思うのだが,九九の「1の段」ってとっても不毛じゃないですか?