Sep 30, 2005

ひげ

いま,学会に出席中です。会場から無線LAN経由でこれを書いている。(書き込みの日付は出るけど時間までは出ないように設定してあるので,誰の講演中かはわからないはず。)

ところで,男性のみなさん,学会とか会議とかセミナーとかに出ていて,ああ,たいくつ,と思って何気なく顔に手をやると,あごの下あたりにそり残しの5ミリくらいのヒゲをみつけて,それがめちゃ気になる,ってことありません? 実はいまその状態。

Sep 26, 2005

最新「宇宙地球環境学」入門

PRです。来週の土曜日にナカムラの所属するSGEPSSという学会が主催で 青少年のための最新「宇宙地球環境学」入門という企画をやります。みなさんご存知のノロワバ・フターナ氏変人Y氏が,オーロラの国スウェーデンから生中継で出演します(ナカムラにもちょっと出番があります)。 京都近郊にお住いでおひまな方はぜひ。

Sep 25, 2005

Q6

以前にセクシャルハラスメントに関する想定問答についてこの項を書いたが,それに対してnakagawa氏からコメントをいただいた(コメント欄9月24日投稿分参照)。以下はそれに対するナカムラの反応である。


nakagawa様,ご指摘,ありがとうございます。実は私もこの項の流れはちょっと気になっていたので,真面目に答えさせていただきます。

nakagawaさんのコメントの裏には,書き込みなどはしなかったが,同様の不快感をもたれたという方が多数いると察します。これについてはお詫びいたします。私の書き方はご存知のように,不真面目で茶化しまくっているので,nakagawa氏の指摘のように「問題の深刻さ」の認識が甘いといわれても仕方ありません。

しかし,私がQ6の解答に文句を言うのは問題の深刻さを甘く見ているからではありません。この想定問答は,被害者になんの落度がなくても被害が発生することがある,ということを反論の論拠にしている点が問題だと思います。ここでは「用心すれば被害は避けられたはずだという見方」を否定していますが,私の言いたいのは,用心していなくて発生した被害だとしても何の言い訳にもならないということです。

実際,私の身の回りでもいくつかセクシャルハラスメントめいたことは起きてますが,被害者側が完璧な対応ができることなどほとんどありません。常にすべての状況を冷静に判断し,最適な対応ができるというのを普通の人間に要求するほうが無理でしょう。しかもまだ人生経験の浅い20歳前後の学生ならなおさらです。教員に夕食にさそわれて腹が減ってたので不用意についていったりとか,ちょっと年長者をからかうのが面白いというので挑発してみたりとか,そういうことは普通に起こると思います。私の主張はQ6の質問のなかの「?」マークに対する答えがすべて「Yes」であったとしても,それで加害者の犯罪 性がいささかも減るわけではないし,被害者を責める理由にもならないということです。

Sep 24, 2005

やるきねーなー

ご存知まきの氏の公開日記に「2010年ごろのペタフロップス超級スーパーコンピュータが必要とされるアプリケーションの波及効果と必要なシステム要件・ブレークスルー」なる長いタイトルのページが紹介されていて,「天文や惑星形成でノーベル賞はないと思います」なるコメントがついていた。天文や惑星形成でなくても,そもそもシミュレーションでノーベル賞もらった人なんているのかしらん,などと思いながら読んで行くと,下の方にナカムラの専門を含む「宇宙プラズマ・核融合プラズマ」というのがあった。その「具体的成果」の欄を見て思いっきり脱力してしまった。「核融合プラズマ制御等の詳細な解析が可能になる」ってこれだけですよ。他のところでは「ノーベル賞級」とか「革命を起こす」とか「兆オーダーの経済効果が期待できる」とか景気のいいこと書いてあるのに。しかも他の項目では「従来は不可能だった」とか「地球シミュレータの約100倍の精度で」とかの気合いが入ったフレーズは太文字なのに,こっちはそっけないプレインテキストのまま。しかもしかも「応用」の欄が「オーロラ発光と炉心プラズマ崩壊の解明」。いまはやりのリコネクションなどをあっさり無視してるのはいいとして (よくないが),宇宙プラズマでシミュレーションするなら「オーロラ発光」じゃなくて「オーロラ粒子加速」ではないかいな。しかもしかもしかも「分野」と「項目」が両方とも同じ「宇宙プラズマ・核融合プラズマ」。だれの作文かしらんが,この項目はいかにもやっつけ仕事,やるきねーなー。

ところで,その上の「流体(基礎科学)」の項目の「集中豪雨・津波・大気汚染伝播等の解析が、地球シミュレータの約100倍の精度で可能になる」ってのはなんかの間違いじゃなかろうか?

Sep 20, 2005

タイトルつけるの忘れてた

ナカムラはいちおう自分をプロの研究者のはしくれだと思っている。で,プロの仕事ならば,その評価は世界に対するアウトプットだけでなされるべきであり,それを達成するのにどれくらい努力したなどかは全く関係ないと思っている。いや,思ってはいるのだが「蛙? 知らない大学生35%」というような記事をみると,これで研究っていうのならお手軽で結構ですね〜,などと思わずにはいられない。ちょっと引用すると:

 大学生の3人に1人は、「春はあけぼの」の意味が分からない——。国立国語研究所の島村直己主任研究員らの研究グループが17日、千葉市で開かれた日本教育社会学会でこんな調査結果を発表した。

(中略)

 調査は今年6〜7月、国立大5校と私立大3校の1〜4年生までの約850人に実施。古文4、現代文2の計6問を出題し、2年前に高校生1〜3年生約1500人に実施した同一問題での調査結果と比較した。

 それによると、古文では、枕草子の「春はあけぼの」の意味を「春は夜が明け始めるころが素晴らしい」と正答できた大学生は62・9%。

(後略)

だって,この手の話はナカムラがものごころついたころからあるし,(たぶん,似たような話はギリシャ時代からあるんではなかろうか?) いまでも年に1,2回は「若者の日本語離れ深刻」とかいう新聞記事をみかける。内容は似たりよったりで,若者何百人かに常識的な (と老人たちがおもっている) テストしてみたらこんなにまちがいました,というものである。この記事では高校生との比較もしてるが,高校生の半数程度は大学受験をするので,できがいいのは当り前だろう。800人程度の調査で正答率を有効数字3ケタまで出してるところをみると,統計的に高級なことをやってるようには思えないし。

これ,たぶん研究者がわからすると「またそろそろ日本語ばなれでもやりますか」ってことで,いわゆる「教養人」なら常識として知っていそうで,普通の若者なら知らなそうなトリビア知識をいくつか用意して,若者を何百人かあつめてテストすればイッチョアガリ,予想通り成績は悪く,でマスコミの記者は入社試験で教養知識をもってるから,「こんな簡単な問題もわからんのか」などど思って「日本語離れ深刻」の記事にあいなるわけである。

いや,だからといってこの手の調査が意味がないわけではなく,たぶん,非線形プラズマ波動の時間発展などよりはずっと社会的インパクトはあるのだろう。さらに,新聞記事は皮相的な内容しか報道しておらず,原論文を読んでみると日本語離れの長期トレンドと時代趨勢の詳細な考察がなされているのかも知れない。でも,「大学生がこんなに間違えました」的な話題には,もうちょっとうんざりって人も多いんじゃないかな。ナカムラもそのひとりです。

Sep 18, 2005

Foolish Watchmaker

さて,すこし以前に最上日記のこの記事を読んで書こうと思っていたのだが,例によって日が過ぎてしまった。

生物をもし神が造ったとしたらとんでもなくマヌケな設計で,だからいきあたりばったりの自然淘汰が造ったはずた,という最上氏の議論は説得力がある。もちろんナカムラはこれに全面的に賛成で,創造論にくみするわけではないが,でも,これが実は本当に創造主たる神が造ったとしたら,結構面白いかも。

そもそも神の深遠な配慮をわれわれあさはかな人間が理解できると言うのがおこがましい,一見不合理に見えるその設計が,実は深い意味があるのじゃ,などというのではない。実は創造主というやつは生物を造る能力はあるが,とんでもないマヌケ野郎で,天上から最上氏の日記を読んで「うぉぉぉ。しまったっ!そういわれればこの設計はまずかった!」などと思っていたとしたらどうだろう?

で,最上氏は「物理法則を設計した者がいたとしたら、そいつはスゴいかも」と言っているが,実はこれもかなりのやっつけ仕事で,「いやあ,本当は起こる現象ごとに違う基礎方程式を設計すればいいんだけど,めんどうだから,ひとつでなんとかなるだろう…」とか思って世界を造っていたりして。で,どうせ適当に造った基礎方程式だからあんまりたいしたことは起きないだろうと思っていたら,意外と複雑な現象が起きて,結構面白いじゃん,なんて考えているのかもしれない。物理学者は「この世界が少数の基本法則から演繹できるなんて,まさに神の意思!」なんてありがたがっているが,実はその神の意思とは「ああ,めんどうくさいから,一つの法則ですませちゃえ」というのかもしれないではないか。

というおそれ多いことを考えるナカムラであったが,「生物は創造主が造ったのではなく,単純な物理法則から自然淘汰で生まれた」というのと,「いや,創造主が造ったんだけど,そいつが実はマヌケな野郎で,おまけに手抜きをしまくって」というのと,とちらがより重い神に対する冒涜になるのかなあ?

ちょっとなあ

asahi.com: かき氷食べて頭痛 なぜ? の内容はトリビア的知識になって面白いのだが,最後にかなり強引なオチというかなんというかそういうものがついてる。これって,かなり無理があると思うのだが,わりとこの手のやつ見掛けますよね。書いた本人は「面白かろー!」と思って書いているのだろうか? それとも,「この手の文章にはかならずオチが必要だけど,ちょっと思い付かなかったからしゃーないな」と思っているのだろうか? ない方がいいと思うのだけどなあ。

Sep 17, 2005

国際免許

さて,このページはしばらく更新がなかったので「神を冒涜するナカムラにきっと神罰がくだったのであろう,悔い改めよ」と思っていらっしゃった方もおおかろう。実はそんなことはなく (神罰がくだるなら某T崎氏の方が先だと思う) 休暇旅行+帰ってすぐに研究会,というのでしばらくネットへのアクセスが悪かったのである。

休暇はアメリカ西海岸に行った (LAには行きませんでした,S田さん,ごめんなさい)。で,9月11日夜にモーテル6 (知ってます? ナカムラお気に入りのチープかつシャビーなモーテルチェーンです。ウェブサイトからしてチープそうでしょ?) でCNNを2時間以上観ていたのだが,ハリケーンとニューヨークテロ記念日の話題ばっかりで,日本の総選挙の話はぜんぜんでなかった。日本では総選挙の日のニュースでもアメリカのハリケーン+テロの報道はあったそうで,やっぱり日本が思っているほどには,アメリカはこっちのことは思ってないのね。まあ,選挙っていうのは大災害に比べれば小さいニュースだからかもしれないが。

で,アメリカで運転するために国際免許をとっていったのだが,この紙切れ一枚が2600円もするって暴利だと思いません? しかも交通安全協会などの警察天下り団体に金がながれているような匂いが微妙にして不愉快。そもそも国際免許ってじつは独立した免許ではなく,日本の免許の内容をいくつかの言語で解説した翻訳文でしかない。だから使用に当たってはオリジナルの免許も携帯していなくてはならない。ということは日本の免許の裏側に英語で解説をつけておいてくれれば,国際免許なんてほとんどいらないはずである。それに1年しか有効じゃないのも不条理だ。免停などがあるから短くしておきたいのなら,たとえばオリジナルの有効期限内なら毎年タダで更新とかすればよいではないか。

ところで,ナカムラは今回はちょっとわけがあって国際免許をとっていったが,アメリカ西海岸などの日本人が良く行く場所では,国際免許なしで日本の免許をみせるだけで,レンタカーを貸してくれるって知ってました? 違反とか事故とかのときはどうなるか知らないけれど,2600円払うのは馬鹿らしいので,ナカムラは普通は国際免許無しで行ってます。おためしあれ (ってなにかトラブルがあっても責任はとれませんが)。