Jul 28, 2005

Foxy Ladies

大学のウェブサイト管理関係の仕事をやっている関係で,福井県立大学 (ナカムラの勤め先) のサイトを眺めてまわっていたら,福井県立大学のセクシュアル・ハラスメント対策についてというページに行き当たった。こういうことがちゃんと明文化されて整備されてきて,結構なことである,などと思って読んでいるとQ&Aのところに「セクシュアル・ハラスメントの被害にあうのは、本人の服装や無用心な行動にも責任があるのではないでしょうか?」という質問があった(Q6)。

これは多分想定問答集なので,本当にこういう疑問を呈した人はいないのかもしれないが,男性女性をとわず,こういうことを言うやつは結構いる。また積極的にこれを支持しないにしても,こういう意見があるのは理解できるなんて人もそこそこいるのではなかろうか? しかし,冷静に考えると,これはとんでもないめちゃくちゃな考えである。だって,女の子が素敵な服を着ていたら襲っていいって言っているんだぜ。こういうことをいうおやぢはよく「あんな露出度の高い服を着ているのは,男を誘っているようなもんだ」とか言うが,そりゃ,意中の彼氏を誘っているのかもしれないが,あんたは誘ってないって。

こういう例えをすると女性を商品としてみているという誤解をうけるかもしれないが,そのような意図は全くないことをまず断っておいて,たとえば,商店街のショーウインドウに商品がならんでいるところを想像してください。商店主は商売なので,その商品が少しでも魅力的に見えるように努力するだろう。で,そのショーウインドウをぶちやぶって強盗をしたやつが「物欲を刺激するような陳列をする商店主にも責任の一端がある」などと言ったらとんでもない話である。暴力のみが正義を規定する北斗神拳的世界ならともかく,文明社会である限り,いかに欲望を刺激されようと,してはいけないことは,してはいけないのである。

いや,しかしめちゃくちゃ治安が悪いスラム街で,高価な商品をすぐにやぶれるショーウインドウなどに置いておくのも問題だ,と思われる方もいるかも知れないが,じゃ,いまの大学っていきなり襲われても文句がいえないくらい治安のわるいところなのか? すくなくとも,深夜の研究室に女の子が一人でいたら無条件で襲ってもおっけー,みたいな無法地帯ではないことは確かだ。

とういわけで,よく考えてみると「本人の服装にも責任がある」という考え方は全く問題外なのであるが,なぜ,こんな意見がまかり通るのだろう? 多分,これは「女の子はひかえめに」みたいな時代遅れの価値観が背後にあるのでは,などと思うのだがどうだろうか。まあそれはともかく,ナカムラの研究室に女の子が魅力的な格好をして来ることにはなんの問題もないと思います。わかった? (いや,別に期待してるわけじゃないが…。)

Jul 23, 2005

電子速度?

先日からひっぱってるアインシュタイン関連ネタだが,いろもの物理学者さんのご指摘を読んで,高校教科書を眺めてみた。たしかに,天下り的に核反応の質量欠損とエネルギーの話がでてて,間違うのもしかたないような,と思っているとナカムラがみた教科書 (実教出版物理II) には,ちゃんと「化学反応と質量欠損」という囲み記事があって (P251),エネルギーと質量の等価性は核反応限定ではないと書いてありました。

これを読んで「教科書にさえ書いてあるのに,なんで多くのひとが間違うんだ?」と思ったのであるが,考えるにこれはナカムラはのちに大学で物理を専門にしたのでちゃんと知っているだけの話で,他の分野だと教科書の囲み記事なんか憶えちゃいないだろう。たとえば,民明書房の日本史の教科書に「藤原鎌足と同性愛」という囲み記事があっても(*),歴史学者以外でこんなもの憶えている人はおるまい。

* 本気にしないでください。歴史の教科書が手元にないので,「たとえば***という囲み記事は憶えていない」の***にあたる部分が定義により記憶にないため,適当にでっちあげたのです。(でも「鎌足ホモ説」なんかが書いてあったらきっと憶えてるだろうな。)

まあ,藤原鎌足も化学反応の質量欠損も,知らなくても生きて行けるもんな,などと考えるわけだが,それはそれとして,同じ物理の教科書にちょっと気になる部分を見付けた。245ページの「演習7」

基底状態の水素原子中の電子の速さは高速 c の何倍か?

「基底状態の電子の速さ」って定義できるの? まあ,これだって知らなくたって生きて行けるが,でもそれを言ったら高校の教科書なんていらなくなっちゃう。

Jul 21, 2005

ええっ!?

先日書いた一石娘の記事に,核反応以外のエネルギーは質量と等価ではないというコメントをいただいた。げ,本当ですか? (ここまで自信たっぷりに書かれると自分が間違っているのではと不安になる気弱なナカムラであった…。) そんなことはないでしょう,いや,コメントの主は「とおりすがり」さんらしいので,もうこれを読まれていないかもしれないが。もちろん,核反応以外の地上的反応だと,出てくるエネルギーが微々たるものなので,測定にかからないかもしれませんが,質量とエネルギーの等価性はなりたっているはず。E = mc2の式は核力専用ではなく,すべてのエネルギーに使えるはずです。たとえば,エネルギー運動量テンソルの保存則を計算するときに,核力のエネルギーと電磁気力のエネルギーで区別したりはしないでしょ?

この文面から察するに「とおりすがり」さんはかなり科学の知識をお持ちだと感じましたが,そういう人でも結構勘違いしているのですね(ナカムラの勘違いでないとすれば)。ということで結構科学に詳しい人の中で「核反応以外ではエネルギーは質量と関係ない」と思っている人がどれくらいいるのか,知りたくなってきたりして…。

Jul 13, 2005

62.5%くらい

蚊を退治する携帯アプリ、 気になる効果は? (MYCOM PC WEB)という記事の最後のほうに

「(音波を聞いて蚊が逃げる確率は)だいたい33〜62.5%くらい」(SKT担当者)とのこと。

とあるが,この「.5%」という端数はどっからでてきたんだ? こんなに幅がある値に3桁の精度あるわけなかろう。でも,こういうのって結構よくみかけますね。

Jul 10, 2005

アインシュタインガール

mmmさんからいただいたコメントによると「アインシュタインガール」なる映画が公開されるそうだ。オフィシャルサイトをみると「特殊相対性理論を題材にした愛と感動のファンタジー作品」だそうだが,なんじゃそりゃ。一石仙人もそうだが,こういうのって,めちゃセンスのあるひとが作らないかぎり,しょぼい話で終りそうな気がするなあ。「愛と感動の」なんて手垢のついたフレーズを使っているあたり不安。

それはともかくとして,今年は「アインシュタイン奇跡の年」から100周年の国際物理年ということで,いろいろアインシュタインがらみの話題が目につきますね。そういうなかでナカムラが以前から気になるのが「アインシュタインの E = mc2 の式によって核エネルギーをとりだすことができ,原子爆弾ができた」という解説である。(たとえばこの記事とかこのページの下の方とか。) これ,ウソだよね。だって,マッチをすろうが電灯をつけようが,エネルギーが放出されればそれは必ず質量欠損をともなうはずで,質量とエネルギーの等価性はとくに原子核反応に限った話ではない。

しかも,アインシュタインは核分裂の物理などに関しては目だった研究をしておらず(だよね,多分),またマンハッタン計画などの実際の原爆開発にもタッチしていない。アメリカ大統領に核開発をうながす書簡を送っているのが有名なので,なんとなくアインシュタイン=核開発みたいな雰囲気になっちゃったのだろうか?

Jul 01, 2005

リンクが切れるとなんのことかわからなくなるかも

CNNの「不法伐採の一味逃がすため、警官の前で女性「ヌード」に」という記事に

地元の森林保護局のスタッフは、「この妨害行為はますます目立っている。彼女たちに対応するのは本当に難しい」と頭を抱えている。

とあるが,「彼女たち」を無視して不法伐採グループを捕まえればいいだけの話ではないのか? それとも,頭ではわかってても思わず彼女たちの方にいってしまうから,「本当に難しい」のか。

それから,さらにどうでもいいことだが,この記事の最後の「不法伐採のはびこりで」って,日本語おかしくない? いや,文法的に間違ってるってわけじゃないけど。「不法伐採がはびこって」の方がいい気がする。