Feb 02, 2008

Ask Mister Language Person

セミナーとコロキウムがどう違うのか,という話題がこのページ出てるけど,ナカムラも昔から疑問だった。コメント欄をみると,コロキウムの方がちょっと偉いという感じ。そこで,以前からの疑問を思い出すわけだが,学者さんが集まってくだらないおしゃべりをする研究成果を交換しあう集まりを「研究会」とか「コンファレンス」とか「シンポジウム」とか「ワークショップ」とか「学会」かって呼ぶけど,どうちがうんだろう? いや,それぞれに微妙にニュアンスは違うんだが,はっきり説明出来ない。クッキーとビスケットの違いみたい。たぶん,人によって思ってることが違うのではなかろうか。そういえば,高校時代に「パッチとモモヒキとサルマタは同じものか違うものか」で大論争があった気がする。地方によって意味するところが違うらしいですよ。

Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.