Aug 20, 2007

絶滅危惧種

先日,絶滅危惧種のビワツボカムリが生きていたというニュースがあったが,最近,ナカムラも金沢に絶滅危惧種の探査に行ってきたので報告する。どんな危惧種かというと,これがワシントン条約でも保護がうたわれている(ウソ)「ジャズ喫茶」というやつである。「名画座」とならんで風前の灯の1970年代文明のひとつで,いまは東京や大阪などの大都市のここに一軒,あちらに一軒と,細々と生息しているのが確認されているのみとなっている。それが金沢にもあるという情報を得て,所用で行ったついでに寄ってみた次第。

「え,ジャズカフェならよく行く店があるけどなあ。ライブもときどきやってるし,カクテルなんかあっておしゃれ♪」というお嬢さん,あなたは本物のジャズ喫茶を知らない(知っててもたいして嬉しくないが)。

ナカムラが行ったのは「York」という香林坊日銀裏の店。まず,「裏」というのにふさわしく,本当に細い路地に面していて,ビワツボカムリよりも発見困難なのがジャズ喫茶の正しいありかたその1。そして店に入ると

  • 客がだれもいない狭い店の中に,大音量でジャズがかかっている。
  • 店の内装はいまだに昭和が終わっていない。
  • 天井にある落書きから任意にふたつをとりだすと,その間に少なくともひとつの落書きがある。(ように感じられるくらい落書きがある。)
  • 「ジャズ批評」のバックナンバーが積んである。
  • 「メニューください」という意味で「メニューあります?」と言うと当然のように「ありません」と答えられる。
  • 「じゃなにか食べるものは?」ときくと「やきそばぐらいならできるんですが」。
  • そして出てきたやきそばが量だけ多くて,くそまずい。
  • そのあとに頼んだコーヒーがさらにまずい。
  • 1時間ほど店にいる間に他の客がだれもはいってこない。
という涙がちょちょぎれるようなジャズ喫茶の純血種である。すばらしい! たぶん,また行くと思う。

Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.