Jan 13, 2007

ナカムラ

いつものことですが,たくさんコメントをいただきならがら全てにお返事せずに恐縮です。先日書いたE電ネタにもいろいろいただいて,中野さんは名古屋に移られたのか,その節はお世話になりました,などと思っているうちに日がすぎてしまった。

で,以下はその中でna氏からもらった,日本語には適当な呼びかけ単語がないという話への反応。大阪弁なら成人男性への呼びかけにはちゃんと「シャチョー」という言葉がありまんがな,という話ではなくて,日本語で多くの人が不便に思っているのは英語の「I」とか「you」とかに対応する言葉がないということではなかろうか,という話題。「わたし」とか「おれ」とか「きみ」とか「あなた」とか,たくさんあるじゃないか,とおっしゃるかもしれないが,そのたくさんあるのが問題なのである。つまり,「わたし」と「おれ」は,単に一人称の指示代名詞(っていうんだっけ)以上の情報を含んでいて,どれを使うかで全くニュアンスが違ってしまうのが困る。

このへんのことは,いろいろな人がいろいろ考えているようで,例えば「わたし,おれ,ぼく」をキーワードに検索するといろいろひっかかるのだが,ナカムラが困るのはこのページのような雑文を書くときにぴったりのニュアンスの言葉がないことである。というか,ニュアンスを含まないまったく透明無臭の一人称がほしいなあ。女性の場合,「わたし」が結構それに近いかもしれないが,ナカムラのようなハードボイルド系(そこ,笑わないように)の成人男性がちょっとくだけた文章を書くときに,不自然なく使える言葉はなかなかない。だから,このサイトではナカムラは自分をさすときは「ナカムラ」と書いているのだが,これもなんかちとイチビっているような気がしません? (←お前の存在自体がイチビっているので問題ない,と言われると強く反論できないが。)

メールなどでも,多くの場合は「中村」と書いているのだが,実はこれも困ることがあって,相手とか話題の中の人物とかが「中村」だったらなんのこっちゃらわからなくなってしまう。しかも「宇賀神」などという名前とちがって「中村」はそこら中にいるので,この確率が高いのである。いや,実は今,友人の「中村」にメールを書こうとおもってこれを思い出したのでした。

Comments and Trackbacks

英語にはyou,I があっていいなあ

そう!実は1人称、2人称も使いにくい。
日本語は、人を名指ししない言葉なのだな。
3人称は地名で代用してたりもする
(八丁堀に言っとけ、とか)。

学生には「何何君」と話しかけることが多いが
話の途中などでとっさに思い出せないときは
「あなた」を多用するようになってきた。
思えば自分の指導教官がそうであった。
微妙に日本人離れした先生だった。気がする。

古文が得意だった人なら、
1人称は国語力を駆使すればあまり使わずに済ますことも不可能ではない(けど大変)。

Posted by na at 2007/01/13 (Sat) 19:21:03

古英語 中英語

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E8%AA%9E
古英語や中英語のころは,一人称だって,ich ic ik I などと
方言による地域差がかなりあったが,文章語の発展とともに単
一の形 I に統一されて行ったという理解でいいのかな...

いまでも,英語の方言では,他の形の一人称も残っている?

Posted by はりがや at 2007/01/18 (Thu) 13:50:36

方言じゃ色々あり

http://www.amelia.ne.jp/user/reading/dialect_03_08.jsp
「John saw they. / Jack gave it to she. / Her don't like it.」
がマルだったり,一人称単数の代名詞が「itch」「utch」だったり.

Posted by はりがや at 2007/01/18 (Thu) 14:32:06

日本でも

一部で相手のことを「自分」と言ったりしますね。関西地方では二人称単数の代名詞が「おっさん」だったり。(ちょっとちがう?)

Posted by 中村 at 2007/01/24 (Wed) 18:27:07
Comment入力
  • 匿名で結構です。
  • 管理人の独断でコメントを消すことがあります。
  • 改行は反映されます。htmlタグは書けません。
  • 数式入りのコメントを書く場合はここをクリックしてください。

system message: Ready to post a comment.













TrackBack ping me at
http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/070112.trackback