Dec 22, 2006

硫黄島

硫黄島からの手紙」を観てきた。少し前に前作の「父親たちの星条旗」(同じリンク参照)も観たのだが,感想としては前作の方が断然良かった。以前に本などで読んだことのある硫黄島の戦闘,とくに灼熱の穴蔵で水も食糧も尽きて殺されていくというシチュエーションが平板に描かれているのが原因かなあ,などと思ったのだが,良く考えてみると別の理由に思い当たった。

「父親たちの星条旗」アメリカ兵を,「硫黄島からの手紙」では日本兵を主人公にしているのだが,「父親たちの星条旗」では戦闘そのものではなくて,戦闘が終わったあとで偶像に祭りあげられ,人生が狂っていく兵士の話である。題材のヘビーさだと断然「硫黄島からの手紙」なのだが,ここで描かれている日本の狂気は,われわれは過去のもの,つまり歴史的事実として振り返ってみることができる。(完全にそうとは言いきれないところがあるが。)

それに対して「父親たちの星条旗」で描かれているアメリカの狂気は,実は,朝鮮戦争ベトナム戦争を経て,今現在もイラクやアフガンでの戦争に連綿とうけつがれているのではないか。イラク戦争で捕虜になった女性兵士がメディアの偶像にまつりあげられそうになった事件は記憶にあたらしい。これが「父親たちの星条旗」の方がリアリティを持って訴えてくるものがある理由なのではないだろうか。

「硫黄島からの手紙」に,アメリカ兵が捕虜にした日本兵を「連れていくのはめんどくさいから殺しちゃえ」とか言って打ち殺すシーンがある。これはひょっとしたら,今,あなたがこの文章を読んでいる瞬間にもイラクで起こっていることかもしれない。

Comments and Trackbacks

硫黄島

図書館でかりたのではっきりおぼえてないけどわりに新しい出版で「散るぞ悲しき」と言う本、著者は「梯・・・」何とかという女の人。題からは想像も付かない内容で日本側からの硫黄島の敗戦記。是非読んでください。映画はみてないけど、本は淡々と事実を述べてるだけで、このほうが迫力あるような気がする。日本兵は毎日コップ半分の水で目だけぬらし咽は渇きっぱなし。米兵は「缶詰めの水」をほしいだけのんだ。・・・これだけでもすごい。栗林中将は全滅の前、ひとりの部下に「生き延びてこの惨状をつたえよ」とにがしたらしい。昨日の朝日新聞の広告に「17歳の硫黄島」というのが出てたので又借りて来ようとおもっている。戦争はいつも狂気である。狂気の中の民衆は地獄である。

Posted by あ、か at 2006/12/23 (Sat) 17:43:10

お知らせ

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「硫黄島からの手紙」もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

Posted by kemukemu at 2006/12/29 (Fri) 20:13:53

映画

やっぱり洋物の映画だけあって、ドバーとか、グチャーっていうシーンが多かったっていう印象ですね。
なんていうか、日本人が描く映画とは違って悲劇に対してや感動の涙を誘うことよりも、悲惨な”現場”を描写しているといったかんじ。戦争を知らない世代の日本人である私はがっかりした面も確かにありましたが、戦争というのはああいうものかと思った場面も多かった。
儚いですね…。

Posted by at 2007/02/10 (Sat) 23:16:43
Comment入力
  • 匿名で結構です。
  • 管理人の独断でコメントを消すことがあります。
  • 改行は反映されます。htmlタグは書けません。
  • 数式入りのコメントを書く場合はここをクリックしてください
  • URL/E-Mailはそのまま公開されます。スパムの原因になるので気をつけてください。

system message: Ready to post a comment.













TrackBack ping me at
http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/061222.trackback?pysooiywoorppwyr