Oct 24, 2006

E=mc2

昨年8月の記事に最近コメントをいただいた(2006/10/18日)。お返事をしなけりゃ,と思っているうちに例によって日がすぎてしまって,そうするうちにMelvyさんに親切に解答をしていただいて,感謝。

ところで,ナカムラはやはり「E=mc2 という式から原爆が導かれる」というのには違和感がある。アインシュタインがこの式を提示したときには,知られている力は重力と電磁気力だけで,それを開放してエネルギーを得る方法はもうはるか昔からわかっていたわけである。そのときに「質量とエネルギーは等価なんだぜ」といわれても,まとまった質量からエネルギーを取り出すメカニズムを空想するのは困難じゃなかろうか?

実際に原爆が現実味を帯びてきたのは,核力の存在が判明して,フェルミ(だっけ?)あたりが核分裂およびその連鎖反応をみつけてからで,そのときは「質量をエネルギーにかえてやろう」というのではなくて,もっと直接的に「核力のエネルギーをとりだそう」という発想の方が自然である。結果的に質量欠損はおきるわけだが,それが研究の原動力というかキーポイントになるというのは不自然だ。

もし,相対性理論の完成が30年ほど遅れて,フェルミやオッペンハイマーが E=mc2 を知らなくても,核力がきわめて強い力で,しかも,核分裂が連鎖反応で起きるというのさえわかっていれば,マンハッタン計画のおおすじは変わらなかったんじゃないかな(場の量子論に相対性理論は必要だが)。だからentranceさんの書く「当時の列強各国がこの公式に目をつけたのは当然のことでした」というあたりは,多分,正確じゃないと思いますがどうですか?

Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.