Oct 20, 2006

疑似理解:東京大学のアルバートアイラー

最近話題の「東京大学のアルバートアイラー」という本を読んだ。これは東京大学でのジャズの歴史に関する講義をまとめたものである。行われた授業そのもののタイトルは「十二音平均律 → バークリーメソッド → MIDIを経由する近・現代商業音楽史」というものらしいが,それを本にするときに「東京大学のアルバートアイラー」というタイトルにしたのは,商業的にはなかなか秀逸。それはともかくとして,その原タイトル通り,本書の主張はジャズの歴史を理解するには「平均律,バークリーメソッド,MIDI」というのが重要なキーワードであるということだ。

この本の前書きには「ジャズ史に限らず,およそ人間が編纂する歴史は総て偽史である」という一文がある。つまり「正しい歴史」なんて決定版はなくて,編纂者のバイアスが必ず入る,ということだと思うが,それは正しいだろう。しかし,絶対に正しい歴史というものはなくても,絶対に間違っている歴史というのはいくらでも有りうる。たとえば,「関が原の合戦で小早川氏が東軍についたのは,Winnyで流出した個人情報をネタにゆすられてたからだ」ななどというのは,あきらかにおかしかろう。

そういう意味で,さきにのべた「平均律,バークレー,MIDI」というキーワードのうち,すくなくともMIDIについては,小早川Winny流出説みたいなものである。だって,現在聴かれるジャズのフォーマットは1980年までにほとんどすべて出揃っていて(アシッドジャズをジャズと呼ぶならこれが唯一の例外かな。M-baseってどうなった?),1983年に登場したMIDIがそれに影響をあたえることはありえないから。皮肉なことに,MIDIに関する解説であるはずの本書十章「MIDIとモダニズムの終焉」で紹介されている楽曲のうち,MIDIを使っているものは1曲もない。また,1983年以降でも,MIDIが本質的な役割を果たしているジャズアルバムは,ごく少数派だ(Tutu?)。たぶん,ジャズって,演歌とならんでMIDIの影響がほとんどないポピュラー音楽の最右翼ではなかろうか。

ジャズに本質的に貢献した20世紀のテクノロジーをいうなら,それはMIDIなどではなく録音技術であろう。楽譜にのこらない即興というものが本質の音楽を伝えるには,録音が不可欠だからだ(本当か? じょんがら三味線?)。とくに,次の世代のミュージシャンの卵たちがジャズを学ぶときにもっとも重要な修行が,録音された先人たちの即興演奏をトランスクライブ --- 耳コピのことね,同じことでもこういうとカッコいいでしょ? --- するという作業であることを考えると,録音技術とその大衆化の重要性は明白だ。

さらに「バークレー」というのも,ナカムラにはちょっと疑問だ。バックグラウンドの知識なしに本書を読むと,バークレーメソッドとは「演奏する音をいちいち楽譜で指定せずに,コードだけ決めといて,実際に出す音は演奏者の自由にまかせる」というのが本質のように感じるが,そんなことはバークレーのはるか前から行われている。バッハのブランデンブルグ協奏曲の中にコードふたつだけしか書いてなくて「あとは適当にやって」という曲があるのは有名だ --- よね?(実はナカムラは クラシックは詳しくない。)少なくとも,パーカーやマイルスなど,ジャズの歴史をひらいていった天才たちはバークレーメソッドなんて知らなかったことは言えるだろう。

しかし,実は著者たちは上でのべたようなことは百も承知で「いまさらジャズの歴史に録音技術がどうのこうのなんて言っても,面白くないじゃーん」みたいなノリでやっているのではなかろうかと思われるフシがある。そしてそのおかげか,本書は読みものとしては滅法面白い。なにを隠そう,本書を読み終わってすぐ,ナカムラは下巻の「東京大学のアルバートアイラー:キーワード編」と,著者たちの前著「憂鬱と感能を教えた学校」を買ってしまったのだ。それはともかく,本書を注意して読むと「平均律・バークレー・MIDIの三つがジャズの発展に本質的に寄与した」とはどこにも書いてなくて,「記号化のこころみ」というような意味のぼけた表現になっている。つまり,うがった見方をすると,巧妙に逃げ道が用意されているのだ。

というわけで,本書は読んで楽しむにはとってもお薦めなのだが,ちょっと気になるところもある。それは本書自体ではなく,それを読んだ人々の反応である。上でリンクをはったアマゾンのカスタマーレビューをみていただくとわかるのだが,「ジャズに対する考え方が一変した」とか「音楽の記号化のエポックに着目することで、こんなにジャズ史、音楽史がスッキリ納得できちゃうとは!!!」とかいう絶賛が多いのである。アマゾンに限らず,ちょっと検索エンジンでしらべて上位にあるblogを眺めてみたが同様である。

ホンマか?ホンマにわかったんか?と小一時間ほど問い詰めたい(ちと古い?)ところだが,上にのべたように,すくなくとも本書を読んでジャズとMIDIの関係が理解できるということはありえない。それ以外のふたつのキーワードについても,その指摘の当否はともかく,文中に具体的な解説がほとんどないので,それがジャズにどうかかわっているかを本書を読むだけで理解するということは,まずないだろう。

では,このような絶賛書評を書いている人たちは,見栄をはってわかったフリをしているだけなのか,あるいは,出版社のまわしものでヨイショ記事を書いているのだろうか? ナカムラが思うに,そうではない,この人たちの多くは本当にわかったと信じてしまって,いわば疑似理解体験をしているのだろう。なぜ,そんなことがわかるのかというと実はナカムラも本書を一読したときは「おお,なるほど」などと感じてしまったからである。

考えるに,ジャズというコムツカシイ音楽,斜にかまえた巧妙な語り口,ちょっと視点を変えた三つのキーワード,などという舞台装置にころっとだまされたような気がする。しかし,あとから冷静に考えるとちょっとまてよ,ということになるわけだ。新興宗教の勧誘みたいなもんだね。世の中,ジャズにかぎらずコムツカシイことを巧妙に語られると,なんとなく納得してしまう,それどころか「目から鱗が!」というように疑似理解をしてしまう,なんてことは結構あるのではなかろうか? だが,本当にわかったつもりになっているのは「ここでちょっと見栄はって,わかったフリをしてやろう」などというのより始末にわるい。すこし前に話題になった「知の欺瞞」関連のやつにも,そういう所ってありそうですね。

Comments and Trackbacks

おお、なるほど

そういう仕掛けのある本なのですな。ナカムラさんの解説を読んで、実にすっきりと理解できました。

Posted by たざき at 2006/10/17 (Tue) 20:09:06

誤読すべし?

うん、たった1つの情報源だけで、しかもそれを誤読して分かったつもりになっている人って、僕を含めて世の中の99%以上を占めるのではないだろうか。いや、警戒すべき事では警戒している積もりですがね、どうでも良い雑談程度の知識であれば、間違って覚えていても全然かまわないし、その方が人生楽しいし、そのくらいのおおらかさが無いと、本当にダブルチェック、トリプルチェックをしなければならない事柄でのチェックがおろそかになるかも知れないし、、。

ああ、でも、確かに誤読ばかりの人間(ダブルチェクの観念の無い人)ってのは付き合うの大変だけど、、、。

Posted by yama at 2006/10/19 (Thu) 03:32:12

神戸大学のスターリン

というタイトルの本を出そうとしている知人がいます……。
某文芸雑誌の菊地成孔特集に寄稿したところ、その知人から「菊地をもっとも優れたポストモダンと評価するのは認めん!」と難詰された経験があります。いや、そういうことを書いたわけではないんですがね。

Midiのことは、80年代以降のポピュラーミュージック全般の問題として書かれているのではないでしょうか?>東大アイラー本。

Posted by ushiro at 2006/10/20 (Fri) 02:21:54

コメント多謝

たざきさん:

「トランスクライブ,ブランデンブルグ協奏曲,疑似理解体験」の3つのキーワードから考察すると,この本の本質が驚く程理解されます…。

yamaさん:

>間違って覚えていても全然かまわないし、その方が人生楽しいし、

もちろん,その通り。そして,間違いに対してさらにヘリクツをこねてそれを指摘するのもまた楽しいですね。

ushiroさん:

> 神戸大学のスターリン

それって,神戸大学にいる超横暴な教授の話とかじゃないんですよね?

>Midiのことは、80年代以降のポピュラーミュージック全般の問題として書かれているのではないでしょうか?

それがこの本の狡猾なところで,具体的な説明がないから,そうともとれるんですよね。でも,「ジャズ史」を看板にしてるなら,MIDIは見当違いでしょう。実はMIDIと「記号化」ということについて思う所があるのですが,「憂鬱と感能を教えた学校」を読んでから書きます。

ところで,この本ってあらためて眺めると,例の三つのキーワードについて,驚く程記述が少ないですね。コルトレーンチェンジ(ジャイアントステップスのコード進行)なんかはかなり楽理的に解説しているのだから,平均律の必要性を説明する絶好の場所だと思うのに,ぜんぜんふれてない。

Posted by 中村 at 2006/10/20 (Fri) 18:39:22

スターリンとは

もちろん遠藤ミチロウのあのバンドのことです!

Stop Jap!!

ご当人はいたって真剣で……。

なるほど、そうか。読む順番がわりと読みに影響してる可能性がありますね。ややこしいタイトルの大きい本はけっこう楽理的な話ですよね。東大の講義はたぶんそのややこしいタイトルの本が「参考書」かなにかに指定されたうえでの講義のリライト版であるような気がします。

Posted by ushiro at 2006/10/20 (Fri) 20:30:25

知の欺瞞とエンターテインメント

「コムツカシイことを巧妙に語られると,なんとなく納得してしまう」って、歴史ものに多いですが、「ダヴィンチコード」とか「影武者徳川家康」などのフィクションの面白さと連続しているような気がします。ニューアカブームのときの中沢新一の著作なんかもいかにも怪しげだけど面白かったですよね。浅田彰のクラインの壷も怪しかった。学問といえるかというと、近代自然科学(特に物理学)の方法論からは受け入れられなくて、中沢事件が起きたのでしょうけれど。
 好きに材料を集めて物語を語るのと、学問的研究との境目はどこにあるのでしょうか。、こういうのを、「欺瞞」などと角立てて言うと、人文科学、社会科学からは反発あるのでしょうね。まあ、音楽史ならいいけれど、医学や経済学では社会に実害を及ぼしかねないのに。

Posted by nq at 2006/10/21 (Sat) 17:44:12

スターリン

ushiro氏
>もちろん遠藤ミチロウのあのバンドのことです!

し,知らない…。日本のバンドは弱いんです。とくに最近のは。

>読む順番がわりと読みに影響してる可能性がありますね。

最初の本(憂鬱と感能)を書いたときに,ポピュラー音楽全般に関してやった考察を,そのままジャズ史にもってきちゃったのでは,と思います。そりゃ,ちとマズい。(「憂鬱と感能」はまだ読んでないので,詳しいコメントはのちほど。)

Posted by 中村 at 2006/10/23 (Mon) 20:12:44

遠藤ミチロウ

義従兄殿,それはいけませぬ.遠藤ミチロウを知らない日本人はJohnny Rotten知らない英国人みたいな,まともな国民である証拠ですぞ.もっと非行に走りなさってくださいまし.

ところで先日,おフランスからの客人に"Tout, tout pour ma Chery, ma Chery"とか"C'est une poupet qui fait non non non non"(綴り自信全く無し)と歌ってあげたら「なんだその曲は?」「誰だっけ?」「Polnarefか?」「あいつ生きてんのか?」などなど.どうも米国在住,数年前に新譜も出したとか.

遠藤ミチロウって生きてますか?Johnny Rottenはいかがでしょうか?見事に無様に死んでて欲しいです.

ところで「分かった気分にさせる」のは特殊技能と言っても良いと思います.これは善し悪しあって,「後で考えてみると全く論理的でない」などなど,良くある話です.私のような平民は,聴いたその場とか読んだそのときでは理解できないことが多いです.

なので,あまぞんに「これで分かったつもりになってるxxどもはxxxxだ」「こんなまやかしで紙とインクに法外な値段つけて売りさばくやつらはxxxだ」とか書くと...公序良俗に反するので消去されるのでしょうか?

遠藤ミチロウへの第一歩としてやってください.期待しておりまする.

Posted by 義従弟 at 2006/10/24 (Tue) 00:27:33

遠藤ミチロウ

知らないと善良市民なのか。「美空どれみ」とかは知ってるんだが…。(もう生きてないですよね。)

Posted by 中村 at 2006/10/24 (Tue) 19:07:15

著作の提案

福井県立大学のシド・ヴィシャス

Posted by 義従弟 at 2006/10/27 (Fri) 09:26:15

スムース・ジャーズ

中村さんの分類ではジャズに入らないのではないかと思われますが、80年代以降のsoft jazz, smooth jazzの系統はMIDI使いまくりでは?商業的に成功しているのもそのあたりかと思いますが如何?

80年代後半、Miles Davisつながりの大御所キーボード奏者たちは、ライブでMIDI機器ご愛用の様子でしたが、演奏を全部デジタル化したという話は知りません。

時期はずれの投稿ですみませなんだ。

Posted by Intellectual Impostures at 2006/11/07 (Tue) 14:45:16

実は

ナカムラはスムースジャズも好きです。しかし,これはジャズのフォーマットとしてはそれ以前のフュージョン・クロスオーバーと変わらないのでは?それから,MIDIを使うというとき,リアルタイムで楽器のコントローラーとして使うのは,いわゆる「ジャズの記号化」とは違うものだと思います。

今「憂鬱と感能」を読んでる途中で,このへんの事情を著者がどう考えているかわかれば,またなにか記事を書くつもりです。(今の感触では著者は「記号化」という単語のもとに違う概念をいっしょくたにしているような気がする。)

Posted by 中村 at 2006/11/07 (Tue) 17:09:29

なるほど

さっそくご回答いただき恐縮です。確かに音楽表現としては、ジャズはすでに70年代初頭で進化を止めてしまっていますね。バークレーメソッドもMilesバンドがポピュラーにした「モード奏法」の商業化バージョンと思われます。

本を読んでいないので単なる推測にしか過ぎませんが、著者がMIDIの記号化と呼んでいるのは、いわゆる「打ち込み」で音楽を制作するようになったあたりの事情を指しているのではないでしょうか(デジタル・サンプリング音源+ソフトウェアによる編集・コントロール)。でも、表層的なことに変わりはないですね。

ともあれ興味をひかれたので私も表題の本、読んでみます。では失礼いたします。

Posted by Intellectual Impostures at 2006/11/07 (Tue) 18:20:07

何も知らない人が能天気ないちゃもんをつけているように読めました。
いいですかいいですか、デイヴィスがバークレー・メソッドを学んで台頭したのではなく、デイヴィスらが始めたモード・ジャズを分析する手法としてバークレー・メソッドが台頭したのですよ。コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」がモロにバークレーの延長で構成された曲であることも本書では指摘されているのに、読んでいなかったのでしょうか。

コード・システムはバッハが最初という突っ込みもナンセンス。バロック時代に既に通奏低音+数字というスタイルのコードが存在しています。バークレー方式はこれを受け継いだものであるという指摘が下巻にあるのですが、これも読んでいないのでしょうか。

MIDIが変えたのはジャズについてではなく、旧来の音楽観そのものではないでしょうか。バークレーが音楽の記号化を目指したものであり、それを徹底してデジタル化したのがMIDIであった、と。だからこそ平均律→バークレー→MIDIという分け方がされているのに。

結局、このブログの主どのは自分が理論的なことをなんにも知らないことを棚に上げてひとの批判をしているんです。

Posted by at 2006/12/04 (Mon) 19:30:04

これは手厳しい

手厳しいご批判ですが,感謝します。返答は長くなりすぎたので,あたらしいエントリにしました。よろしく。
http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/061205.htm

Posted by 中村 at 2006/12/05 (Tue) 12:53:36
Comment入力
  • 匿名で結構です。
  • 管理人の独断でコメントを消すことがあります。
  • 改行は反映されます。htmlタグは書けません。
  • 数式入りのコメントを書く場合はここをクリックしてください。

system message: Ready to post a comment.













TrackBack ping me at
http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/061017.trackback