Jun 12, 2006

ヤングライフ

先週末はお仕事で福岡に行ってきました。博多ラーメンファンのナカムラは2日で4杯ラーメンを食べたわけだが,博多駅ビルの商店街には「ヤングライフの街」なるものがあった。


ナウなヤングが集まるのだろうか? 

というのは実は今回の話とは全然関係なくて,前々回の千葉の学会から書こうと思ってた話題。千葉の学会で友人からきいた,最近放映されたテレビドラマの話(タイトルわすれた)である。そのドラマのヒロインの恋人役が若き数学者なのだが,プリンストンかどっかでポスドクをやっているという役柄で,マンハッタンの豪華なマンションに住んでいるという設定だったそうだ。うーん,やっぱり世間的感覚からはアメリカでポスドクをやっているというと,セレブなイメージがただようのであろうか? 実際にアメリカでポスドクをやった経験があると(ナカムラもそうである),それはPSPの理想と現実よりもギャップが大きいと思うんだがなあ…。

「ポスドクってなに」という方も結構いらっしゃるだろうが,そいう向きには,たとえばWikiPedia の解説など読んでいただきたい。ところで,この解説の最後に

…ポスドクの人数は増加した。しかしながら、ポスドクを経験した博士号取得者の行き先として考えられる大学・研究所の定員は増えていない。このことは、ポスドク問題と呼ばれる。
とあるが,これがポスドク問題の本質なのだろうか? たとえば,ロックミュージシャンをめざしてインディーズからCDを出す若者は多いが,それからメジャーデビューしてロックで食っていけるやつなんて一握りだ。「インディーズを経験したミュージシャンの行き先として考えられるメジャーバンドの数は増えてない」というのは「インディーズ問題」とは呼ばれないだろう。

クラシック音楽なんてもっと悲惨で,音大のピアノ科に行った友人にきくと,音大に入学したやつがプロのピアニストになれる可能性はほぼゼロだそうだ。プロになるようなやつは15才でショパンコンクールで優勝とかしているからである。だけど「ピアニスト問題」っていうのは聞かないでしょ? もちろん,ポスドクという制度についてはそれ以外にいろいろ問題はあるが,「希望者に比べてポストが少ない」というのは全く問題ではないと思う。(こんなこと書くとポスドクの諸氏に袋だたきにあって「祭り」とかになるのかな?おてやわらかに。)

Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.