Feb 28, 2006

雨の中では走った方が濡れない

ちょっと期を逸してしまったが,ナカムラ愛読の「医学都市伝説」のこの記事について。この中の15番目の「 雨の中では走った方が濡れない」だが,ナカムラは以前に友人(M場氏だっけ?)と,この問題を検討したことがある。

  1. まず,雨粒が落ちて来ずに静止しているものとしよう。この中を移動すると,宙に浮いている雨粒が体の前面にあたるので,濡れることになる。
  2. 雨粒が静止していると仮定しているので,体の上面は濡れない。よって,濡れるのは体の前面だけである。
  3. この場合,移動中に体の前面にあたる雨粒の数は通過した空間の体積に比例する。ということは雨粒が静止している場合は,濡れる量は移動速度によらない。
  4. 実際には雨粒は下に向けて動いている(降っている)ので,これによって体の上面が濡れる。この量は雨の中にいた時間に比例する。
  5. 体の前面が濡れる量は雨粒が静止していても下に動いていても変わらない。
  6. したがって,濡れる総量は雨の中にいる時間が短い方が少ない→走った方が濡れない。QED。

だったと思うんだが,ネタ元のページを見ると,「ちゃんと数式で解いてみるとわかる」「キミが思ってるほど単純じゃないぞ」などと書いてある。上の説明では数式はいらんが,実はナカムラが思っているほど単純じゃないのか?

ところで,このネタ元のページって,それぞれの項目にちゃんと写真があって,5秒ルールのところにある落ちたアイスクリームの写真にまでクレジットがある。うーん。
Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.
















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.