Nov 07, 2005

「誤報」の裏と表

ナカムラはいいかげんな人間なので,世の中,あまり厳格になりすぎるとしんどいなあ,と思う。たとえば,高校野球で部員がタバコを吸ったというので,出場辞退とかいうのはやりすぎじゃなかろうか,などと考えるほうである。

しかし,ここの記事はちょっとまずいんじゃないか? たとえば,薬の許認可の審査をする医学者が「昔はおおらかな時代で,有効性のデータなんかを適当にデッチあげて薬を認可してたものよ。いまの時代はせせこましくていかん。」などと言っているようなものだと思うんですが。問題は誤報 (というか意図的なニセ情報) を流したというところではなく,それをなんとなく是認して「昔はよかったよなあ」みたいな話にもっていっている所である。プロがそれを自慢していちゃいかんでしょうが。このサイトの他の記事を読むと,報道というものに対しての真摯な態度が感じられて好感がもてるのだが,それだけに,これは残念である。「白いカローラ」と書かれたおかげで,友人から犯人あつかいされて人間関係がぐじゃぐじゃになっちゃったカローラオーナーもいるかもよ。

思うに,マスコミの,特に報道関係の人ってプロ意識がまちがってる人が多いような気がする。昔,テレビ局に勤める友人と話していたときに,いわゆる「やらせ」の話題になって,彼は「われわれは映像が勝負の商売だから,それがないと番組は作れない。だから,多少無理をしてでも映像を作らなくてはならない」という意味のことを言っていた。これはおかしいでしょう。映像なしで番組が作れないのなら,作らなければいいだけの話である。実験稼業の研究者が「データがないと論文がかけないので,ちょっと都合のいいようにデータつくっちゃいました」などと言おうものなら,真っ先にたたくのは「やらせ」やり放題のマスコミでじゃないのかなあ。

Comments and Trackbacks

朝日なんかは捏造だらけだったらしいですよ。今もそうなんでしょう。
http://www.hondana.org/C1FDB0E6/4198618844.html
今日も天晴れな記事を創作できた、みたいな感じらしいです。

Posted by masui at 2005/11/07 (Mon) 22:46:38

そういえば本多勝一の昔の本で「そろそろ戸隠に熊でも出すか」と言って捏造記事書いてた同僚の話があった気がしますが、捏造ケシカランというトーンは全くなかったような。テレビ局のディレクタ(?)と同じ感覚だったのでしょうね。

Posted by masui at 2005/11/07 (Mon) 22:53:43

>マスコミの,特に報道関係の人ってプロ意識がまちがってる人が多い

プロ意識なんていう格好いいもんでなくて、人間としてのモラルの欠如、でしょうか。
最近の科学関係の報道なんか中身がよく分からない、ってのもあるので、モラル以前に能力不足かもしれませんね。(・・・ん、やっぱ能力は、モラルの後かな?)

>実験稼業の・・・

データをそっくり創作するってのはあまり聞きませんが、ちょこっと自分に都合のいいようにいぢることはあったり、なかったり、極々稀だったり、身近にいたり・・・いや、そのっ・・・

Posted by ハリケーン at 2005/11/11 (Fri) 12:31:23

masuiさん:

紹介していただいた本,注文してみたんですが品切れでした。本棚.orgからリンクしてあるサイトは面白かった。しかし,新聞批判というとほとんど朝日ですね。東スポなんかまちがっても出てこない。嫌われ者なのはわかる気がするが。


ハリケーンさん:

幸か不幸か,ナカムラは理論専門で,論文を読めばだれでも同じ計算ができるので,データ捏造の疑惑は全く自由縁がないです。だから言うわけじゃないが,やっぱ良心に恥じることはいかんと思うなあ。

Posted by 中村 at 2005/11/14 (Mon) 19:29:58

確かに東スポが捏造!なんて話題は聞いたことがないですね。
わたしはなまもののじっけん系ですが、良からぬ話は良く聞きますし、意識の高くない人がいるのは事実ですね。

Posted by ちゃありー at 2005/11/16 (Wed) 09:44:23

捏造というわけではないが県内版に出ていた記者コメントで、
農村で果物の取り入れに励む青年達の姿を
いい風景だなーと思って写真にとったら
上司に「農業の写真は老人でないとダメだ」と
没にされたんだそうだ

新聞屋さんの考える「普通の」風景でないと困るんかいな
どうりで新聞おもしろくないぞ

Posted by naka at 2005/11/16 (Wed) 17:43:09

スウェーデンから書き込みできなかった模様なので,中村が代筆しました

僕としては、本人に罪意識のあるデータ捏造より、罪意識の無いデータ表示の操作の方が怖いですねえ。たとえば、
(1)AがBの原因であり、同時にCの原因でもある時、BとCは相関を持ちます。にもかかわらず、BとCの相関だけを強調する例がうちの分野には余りに も多い。
(2)Aを説明する為にB,C,Dと可能性のある事が知られており、実際にはCとの相関が一番良いのに(しかも文献でもそうなのに)、Bとの相関だけ示 して『この結果はB=>Cというモデルをサポートする』と結論する論文は、過半数を超える。
(3)データのCleaningの際に、モデルと合わない点を、いろいろ理由を付けて消して行く事があるけど、そこにどうしても主観がはいる。

まだまだあったような。とにかく、データを論文に発表する際に、知らず知らずに誘導しているんですよ。(プロ意識欠如の)でっち上げも怖いけど(無邪気 な)誘導の方がもっと怖い。

Posted by yama at 2005/11/21 (Mon) 18:31:34
Comment入力
  • 匿名で結構です。
  • 管理人の独断でコメントを消すことがあります。
  • 改行は反映されます。htmlタグは書けません。
  • 数式入りのコメントを書く場合はここをクリックしてください
  • URL/E-Mailはそのまま公開されます。スパムの原因になるので気をつけてください。

system message: Ready to post a comment.













TrackBack ping me at
http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/051107.trackback?pusyrytuytewopoi