Jun 26, 2005

シンガポール

AOGS 2nd Annual Meeting 2005なるものに行って来ました。場所はシンガポール。会議はまだ2回めなので,ちょっと盛り上がりに欠けたが,それなりに勉強にはなった。ナカムラは例のVlasov統計力学の話をしたのだが,一部のマニアにウケていた模様。

シンガポールの地下鉄はガムのカスなどすてると,法外な罰金を科せられることで有名だが,ドリアンを持ち込んでも罰金らしい。ちなみに以下はナカムラが泊まったホテルのエレベーターの扉の写真。

ドリアンって嫌われてんのね。

このホテルは「Hotel Supreme」という名前で,しかもナカムラが泊まったのは「Superior Room」なる部屋だったが,なんとバスタブがなかった。いい根性しとるな。まあ,安かったからしょうがないが…。

それから,これはシンガポールのジャズクラブ「jazz@southbridge」のステージ。

ハウスバンドのトリオに加えて,オーストラリアから来たシンガポール出身の中国系マルチリード奏者が演奏していて,SugarやらSudden SambaやらWine Lightやらのナカムラにとっての青春のメロディーのオンパレードで,感涙にむせびました。飛行機の関係で1stセットしか聴けなくて残念。2ndではスペインもやるって言ってたのに。

Comments and Trackbacks

まいど。おつかれでやした。
内容の良し悪しはようわかれへんのですが生演奏はやっぱいいですね。
ちなみに2ndは30分後に始まり、1時間の演奏。ふう、と思いきや、
"After the short break, the 3rd session is ..."
結局おわったのは1時すぎでした。
「もう飛行機、とんでっちゃってるね」

Posted by フターナ at 2005/06/30 (Thu) 03:39:03

なんと

3セットもやったのか。聴けなくて残念。

シンガポールは素敵でした。来年もあの迫力オバハンの屋台で飯を食いたいですね。(私信モード)

Posted by 中村匡 at 2005/07/01 (Fri) 14:19:37

個人的リプライモード

3セット目はオーナーのおっさんも登場して鉄琴弾いてました。
にしても迫力おばはん、すごかったっすね。
来年もぜひ!!
あと、あの隣の陰陽鍋もよさげ。

Posted by フターナ at 2005/07/01 (Fri) 17:33:36

持ち込み禁止

ドリアン禁止は別のコネタでもみたよ。
http://www.246.ne.jp/%7Ekayano/sin/002/
たくさん売ってるのに、やっぱり地下鉄なんかの閉塞した空間に持ち込まれるとキビシイのかしらね。

フターナさん、ご無沙汰してます。
ご記憶でしょうか、ヤマダでございます。
海外に行ってみたいですぅ。

Posted by ヤマダ at 2005/07/12 (Tue) 11:32:39

ドリアン禁止

というキーワードでネットで検索すると,結構ネタになってますね。みんな考えることは同じだ。ところで,ドリアン助川ってどうしてるんだろう?(検索したらたくさんひっかかった。)

Posted by 中村 at 2005/07/12 (Tue) 18:10:18
Comment入力
  • 匿名で結構です。
  • 管理人の独断でコメントを消すことがあります。
  • 改行は反映されます。htmlタグは書けません。
  • 数式入りのコメントを書く場合はここをクリックしてください。

system message: Ready to post a comment.













TrackBack ping me at
http://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/blxm/blosxom.cgi/050627.trackback