Mar 11, 2009

学長挨拶

これすごい。たぶん,すぐに訂正されるだろうから,すごいページを見た人はラッキー!

Mar 09, 2009

Fukui Jazz

東京ジャズに負けるとも劣らないことはない豪華メンバー出演と評判の福井ジャズ響のホールで開催されます。いや,実は先週からもうやってて,そちらがメインだったりするのですが,実は14日にナカムラが出演します。14日の一発目の「ドラブラタ」というバンドで数曲ギターを弾きます。お暇ならみにきてね。チケットが欲しい方はご連絡ください。

Tensor Wave

以前(いま日付をみると2003年だ。ときのたつのは,はやいのう。ところで,パナウェーブってまだ頑張ってるのかしらん。),音波がスカラーじゃなくてテンソルだとヨタ話を書いたが,実は本当だったみたい。なんて先見の明! (いや,そんな話じゃないんだが。…っていうか「先見」って変換しようとしたら「浅見」ってでてきた。…っていうか,今回は括弧内の文の方が地の文より多くなってしまった。)

Feb 28, 2009

時空の迷宮とアイルランド最悪のドライバー

以前,オーストリア大使館が「オーストリアとオーストラリアはまぎらわしいから,これからはオーストリーとよんでね」と呼びかけたが,まったく定着しなかったようだ。大使館もあきらめたみたいで,今はウェブサイトにも「オーストリア」と書かれている。なんか「E電」みたい。

で,ナカムラはそのオーストリアに何度か行ったことがあるのだが,そのときに本当に起こった話。ネタじゃないぞ。ウィーンだったと思うが,街中で道にまよって,あれ,いま俺たちどこにいるんだ,とみまわすと「Einbahn」と書いた看板がたっている。地図をみても「Einbahn通り」なんてないしな,もう少し歩いてみるか,と少し移動するとそこにもまた「Einbahn」の看板が。あれ,さっきの道とはちがうはずだけど,どっかでつながっているのか,などと考えながら歩いているとさらにまた「Einbahn」,でも,絶対にさっきのやつとは違う。げげっ,これはエッシャー歩道もびっくりの時空の迷宮に迷い込んで,無限Einbahn地獄を一生さまようのか,とあせったが,タネを明かせば「Einbahn」とはドイツ語で「一方通行」という意味でした。

アホなやつだとお思いかもしれないが,そして,多分それはその通りだが,同じようなアホも結構いるんですよね,とここの記事を読みながら思いました。

Feb 27, 2009

あんどろめだ

映画「少年メリケンサック」の中ででてくる挿入歌(?)「アンドロメダおまえ」が超気に入って,映画公式サイトなどながめていると,クリックすると意味もなく「あんどろめだ」と音が出るリンクとかみつけて,ああ,だれかに言いたいっ,と思うのだが,あいにく映画はひとりでみに行って,まわりでみたやつもいなくて,しかたがなくここに書いているナカムラであった。

Feb 06, 2009

ポケット

運転免許を紛失したので,再交付してもらいに行った。紛失届を書かされたのだが,そこに「紛失時の状況」みないな欄があった。めんどうくさかったから,「落とした」とだけ書いたら,窓口のおねえさんが,「それだけでは困ります。落としたときの状況を書いてください」と言ったので「落とした(ポケットに入れていてなくした)」と書き足すと受け取ってくれた。ポケットに入れていようと手にもっていようと,落ちてちまったら同じだとおもうのになあ……。

しめきり

げっ,今日が春の学会の予稿(発表内容の要約)提出の締切りだっ!と思って大学に来たら13日に延長になっていた。やれやれ,ということで「明日できることは今日しない」をモットーに刹那を生きるナカムラは,「まあ,ネタはとっくにできているので,文章にするだけならすぐだからね…」などと自分にいいわけをしつつ,さっそく原稿をほっぽりだして,ひさびさにblogなど書いているわけだが,同じような同業者のみなさんもいるのではなかろうか? はい,締切りがのびたからヒマになってこれを読んでるキミ,手を上げて。

ところで,ナカムラの業界では最近,こんな感じで学会や研究会の予稿締切りが延長になるのが一般的になってきた。4,5年前はあんまりなかったよね。主催者側としては「げ,明日締切りなのに,まだ原稿があんまり来てない。しょうがないなあ,ちょっと延長して時間をやるか」てな感じだと思うが,それがデフォルトになってくると「どうせまた締切り延長があるだろうから,まだ手をつけなくていいや」とか思う不埒なヤカラ(←おまえだよっ)が現れて,結局セーフティーネットとして機能しなくなるような気がする。数年に一度くらいショック療法でガチに締切ればいいんだろうな,でもそれで自分が投稿できないと困るな,いや,毎回ちゃんと公式発表の締切りをまもればいいだけなんだけどな,などと考えながらも原稿に手をつけないナカムラであった。

Jan 14, 2009

フジヤマ

べつにCohenさんである必要はないのだが,たとえば「この記事」でインタビューに対するCohenさんの答えが「(前略)みんな嫉妬しているのよ。(中略)他のことをする時間がなくなるわ。」とかいう,変にくだけた女言葉に訳されている。日本語でインタビューされてこんな答え方をする人は,美川憲一以外にはそう多くないだろう。この記事には原文がリンクしてあるのだが,もとの文章は普通の英語であるので,とくに女性の会話体で訳する必要もないはずだる。ても,こういう訳ってとっても多いので,なんとなく,外人さんってこんなしゃべりかたするよね,と思ってしまいません? そうするうちに,これが外国人女性の言葉を訳するときの定型になってしまった感じである。

それとから連想したのだが,「ハラキリ」と「フジヤマ」という単語は結構おもしろいと思いません? だって,日本人同士の外国と関係ない話題の会話なら,絶対に「せっぷく」,「ふじさん」と言うはずだ。 だから,これは実は外来語なのではないかしらん。日本語起源の欧米語があって,それがさらに日本に逆輸入されたわけだ。いや,そうではなくて,「欧米人だったら,たぶん,こんな風に言うんじゃないか」と適当につくられた単語かもしれないけど。実はカメラメーカーの「キャノン」もそんな風にして「観音」からできた単語だと聞いたことがあり,「キャノンオートボーイって,日本語訳すると観音自動少年なんだせ」とかいうウンチクを語った覚えがあるが,いま,しらべてみるとちょっと違うみたい。

Dec 24, 2008

相対論的熱力学

「相対性理論は間違っていた」というのは,いわゆるトンデモ理論の定番で,ネット上を検索すると腐るほどページがヒットする。もちろん,ナカムラも書いている。そんな中で先日, 相対論に対してかなり説得力のある反例を見つけた。結局,このパラドックスは,「時間」だけではなく「かわいさ」もローレンツ変換すれば,相対性理論に反しないということで解決したようである。しかし,実はここで「ストーブの熱さ」の変換はどうなるか,という検討がなされていないので,議論としては不完全である。ちなみに,アインシュタインのもとの発言についてはここなど参照のこと。

……とかいう,あいかわらず脱力系の前置きはさておき,「熱さ」つまり温度のローレンツ変換って,どうなるか知ってるひと,います? たぶん,多くの物理学者および物理にくわしいみなさんは,「いや,すぐには答えられないけど,エネルギーの変換がわかっているのだから,ちょいちょいっと計算すればすぐにわかるはずじゃないのか」と思われるでしょう。

ところが,実は話はそう簡単ではない。1960年代に大論争があって,まだ決着がついてないと思っている人も多く,arXivなどを検索すると,いまだに「わしが解決したる!」という気合のはいった論文が出ているのです。「えっ? 相対論ができてから100年以上たつのに,温度のローレンツ変換みたいな基本的なこともわかってないの?」というあなた,詳しい経緯については,たとえばこの論文をご覧ください。ただし,この論文はリファレンスから歴史的経緯を知るにはいいが,ナカムラの考えでは,書いている内容はイマイチである。

では,イマイチじゃない論文はないのか,というと,もちろんあります。ナカムラが書いたやつです。なんじゃ,手前味噌で,自分の論文の宣伝か,と思われるかもしれないが,なんて正しいんだ。いや,そうなんだが,実はナカムラの論文で書いてある理論はナカムラが創出したものではなく,van Kampen(1967)とIsrael(1976)の考えた理論(詳しくは中村論文の参考文献リストを参照)を整理して計算しなおしただけである。

ナカムラが思うに,どう考えても相対論的熱力学はvan Kampen-Israel理論がファイナルアンサーで,他の理論もこれから演繹されるべきものなのだが,なぜか一般にはあまり受け入れられていない。それで,先に書いたように,まだこの問題には決着がついていない,俺が決着つけたる,という論文が次々と現れてくるわけだ。これがなぜかと考えるに,多分,相対論熱力学というのは,それを専門に研究している研究者がいなくて,他の専門の物理学者がちょっと興味をもって考えてみました,というノリで研究されている(ナカムラの論文もそのひとつだ)からではなかろうか。

もし,「国際相対論熱力学ワークショップ」なるものがあって,専門家が集まって情報交換をするようなことがあったら,ちょっと議論すればvan Kampen-Israel理論の優位性はあきらかなのに,そういう横の情報交換がほとんどないから,同じようなまちがいが何回も再生産されているのではないかと思う。こういうことって,他の学問分野にもありそうな感じですよね。

国際ワークショップをひらくには金がかかり,また,主催者側の人的負担も大きいが,ネットで情報交換するのなら,コストもほとんどかからないと思うのだが,だれか「Relativistic Thermodynamics BBS」みたいのつくらないかな。(←おまえがやれって?)

Oct 01, 2008

遅れをとった,みたいな。

これ

はやめにしないと

きっとみんなやるだろう

てか

もうやってるじゃん

でも

blosxomだとタグが手打ちだから

<br>とか

たくさん書かなくちゃ

ちょっと

めんどくさい系?

みたいな

てか

これって高橋メソッド

似てなくない?

これで

学会発表やっちゃったり

んなわけないじゃん。